ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する場づくりを通して考えることなど。

お知らせ・今年も不忍ブックストリート 一箱古本市に出ます!

今年も不忍ブックストリート 一箱古本市にお店を出します!

f:id:hitotobi:20180409160003j:plain

 

こちら去年のようす>>

hitotobi.hatenadiary.jp

 

今年は4/29(日)11:00-16:30です。


本を通じて知り合った相方のマキさんと結成した「トリとニワトリ」がわたしたちのお店。こんなふうな気持ちで準備を進めてます。

このまちで暮らし働く二人が、ぎっしり詰まった自宅の本棚から、それぞれおすすめしたい本を持ち寄ってお店をひらきます。ジャンルは物語、暮らし、人、つくること、などなど。愛しいこのまちで、大好きな本を介して、たくさんの方と小さな出会いの場をひらけることがしあわせです。

「トリとニワトリ」

2018年春:店主一覧 | 不忍ブックストリート より

 

一箱古本市の良さは、その本へのあふれる愛を店主が語れちゃうところ、お客さんが聴いてくださったり、お客さんの話がとても近い距離で聞けるところ、たまたま隣り合わせたお客さんと会話がはじまったりするところ。小さな読書会と言ってもいいかもしれない。

 

会場は、谷中の切手通りにある「特別養護老人ホーム谷中」。千代田線千駄木駅から徒歩2分と好アクセス!この日はまちじゅうが会場。12の会場、56の箱を追いながら、わたしたちが暮らし働き愛するこのまちをてくてくお散歩しながら楽しんでいただけたらうれしいです。

 

本と人とまちに出会いにきてね!

 

▼相方のマキさんのブログ

http://gururi.sunnyday.jp/2018/04/03/1-66/

 

▼マキさんが音読しているところ。去年はお買い上げ時に音読をプレゼントをしました。

f:id:hitotobi:20180409160449j:plain

ミロコマチコ展に行ってきた

世田谷文学館で開催中のミロコマチコ展、会期終了の前日になんとかすべりこみました!

f:id:hitotobi:20180407182434j:image
f:id:hitotobi:20180407185417j:image

どういう方なのかまったく存じ上げずに行ったのですが、すぐに「このいきもののここにグッとくる、不思議を感じている」…がぐいぐい伝わってきました。

 

f:id:hitotobi:20180407185500j:image

 

おそらくたくさん観察をされて、生態も調べて、触って…という上で描かれているのだな。特にいきものたちの目がよかったなぁ。よく見たら気持ち悪いとか、種が違うゆえにわかりあえない感じと、同じいきものだからわかる感じと。作品の中では、絵本になってる「オレときいろ」シリーズが特によかったです。

 

絵描きさんと行ったので、一見ヘタウマに見えるタッチの奥にどんな技術や蓄積があるのか教えてもらえ、わたしの素朴な感想に対しては、何があるからそう感じるのかを説明してもらえたり、描き手に代わって対象への愛を語ってもらえた気がして、とてもよい時間でした。彼女自身の感想も聞けてよかったし。

 

切手っぽくもあったのは、その裏に空間設計、造形美ということがあったのだなぁ。

 


f:id:hitotobi:20180407185518j:image

f:id:hitotobi:20180407185524j:image

 

発泡スチロールを電熱カッターで切ってアクリル絵の具で色をつけると、木彫に見えるのおもしろかったなー。アクリル絵の具の鮮やかさ見てるとほしくなっちゃったり。画材がシンプルで身近なものが多いので、図工スイッチも押される。

 


f:id:hitotobi:20180407185620j:image

わたしもわたしの好きなものをのびのびと作って表現していこう〜!と自然と思える、元気になる展覧会でした。

3月の大会

f:id:hitotobi:20180331212414j:image

第99回競技かるた横浜大会D級に出場しました。

戦績は、一回戦 不戦勝、二回戦 11枚差負け。

 

決して敵わない相手ではなかったし、ミスも頻発していたのに、全然自分のリズムがつかめず、読手の読みともタイミング合わず、音も遠く感じられ、終いには束負けとは...と情けなくて悔しくて泣きました。

それでもこの大会に向けてがんばってきたことは、技術の向上に直結したし、勇気を持って慣れ親しんだ型を捨て、素直に人のアドバイスを取り入れ、葛藤しながらも新しい型を身につけるという成果を出したので、決して無駄ではなかった。

相手の動きや気配や感情を全身で感じとりながらも、自分のかるたをする。それを引き続き「自分の仕事をする」「自分の人生を生きる」としっかりとつなぎながら、しぶとく諦めず、失敗や負けを怖れず、挑戦していこうと思います。

 


f:id:hitotobi:20180331212521j:image

きょうはなんだか反感と執着との葛藤がありました。今、自分のテーマになっていることが、対戦中に出てくる気がします。

 

どうして勝つのか、どうして負けるのか。若輩者のわたしにはほんとうのところはまだわかりません。技術の高低、実力の上下、練習や経験の多寡、体調の良し悪し...に加え、それだけでは説明できない何かがあるようです。それがなんなのか、わかりそうでわからない。運と言えば簡単なんだけれども。

逆にわかっていたはずのことがわからなくなったりもする。

だからまた仮説を立てて試してみようと思える。

 

次回の大会に向けては、限られた中でも練習の機会をつくり、大切にして、勝(克)つ意思と状態をつくり、それを暗く孤独で静かな場所で準備すること。あの場に何をしに行くのか、何をしに来たのか、なぜここに座るのか、自分にはっきりとぴったりとさせること。相手が誰であれ、どうであれ、自分が自分でいること。勢いだけでなんとかなる年齢がとうに過ぎた今、それでもやりたいから。

 

次回を目指せることのありがたさよ。

そう、次の一枚に何が起こるかは誰にもわからない。

かるたのそこが好きなんだよね!


f:id:hitotobi:20180331212457j:image

ひらきました!:「積読本をひらく読書会」

f:id:hitotobi:20180330114827j:plain

 

「暮らしと学びを近づける」がテーマのまちの教室KLASS「積読本をひらく読書会」をひらき、3人で7冊の本をひらきました。

 

積読になっている理由なんて『忙しくて本を読む時間がないから』の一択でしょ?」と思いきや、いざひらいてみると一人ひとり、一冊ごとに、まったく違う理由が出てきました。

 

・自分の想像が膨らみすぎて、買って手元に来た時点でもう満足してしまった。
・自分の違和感に真っ向から応えてくれている本だと思い、もう読まなくてもこの本が存在しているだけで心強いという気持ち。
・一度5ページほど読んだけど難しくて投げ出してしまった(でも読んだ感想を話したい相手がいてどうしても読みたい)
・名作や文豪だと思うと身構えてしまうから、親しみがわいてから読もうと思って待っている。
・読むのがもったいなくて楽しみで、がんばったご褒美にとってある。読んでいいよといつ自分にOKを出すかも楽しみ。
・考えるべき大切なことが書いてあるとわかっているけど、読み終えても変化できない自分を見るのが少し怖くて、読むタイミングが来るのを待っている。

…などなど。

 

別々に持ってきたし、読んでいないので中身もよく知らない本なのに、本同士が共鳴しているような話題に展開し、「おお〜すごい偶然が起こっている!」という瞬間もたびたび訪れました。そうそう、これが紹介型の読書会の醍醐味だったわ〜とわたしも思い出しました。

 

f:id:hitotobi:20180330114931j:plain

 

その本が手元にやってくるまでの経緯や、そのときに考えていたこと、感じていたことをおそるおそる話してみると、みんながふむふむと聴いてくれて、感じたままに口にしあっているうちに、するするとほどかれ、ひらかれていく、その人だけの物語がありました。

 

また、隣の人がその本を観察して、気づいたことを持ち主に紹介する時間をつくることで、短い時間の中でより多角的にその本に迫ることができました。今回の場は、「積読本をひらく勇気」と「他己紹介」がポイントだったように思います。

 

きょうのご感想はこんな感じ。 

・読書会には興味があったけど参加するのはきょうがはじめて。

・課題本が決まっていて感想を話す場だと、自分の解釈が間違っていたらどうしようとか、人と比べて自分の読み方が浅いかもとどきどきしたり恥ずかしくなりそう。でも積読本の読書会なら読んでこなくていいし、「ついつい積読しちゃうよね〜」という共感があるという、同じラインからはじめられるので気楽だった。

・普段あまり自分の読書体験をシェアすることはありませんが、私こんなに本についてしゃべりたかったんだ!とビックリ。気持ちよくしゃべらせてもらえる同席の方々のおかげ!

・世の中には本が沢山あるんだな!と改めて実感し、視野が広がりました。

 

お互いの読書習慣の違いを話したり、苦手なジャンルへの取り組み方のアドバイスがあったり、「積読本の特徴は、売上スリップが挟んだままになっていること」などの考察もありました。

 

 

「企業や団体の少人数のチーム研修などにもよさそう!」というアイディアも生まれました。もともとコミュニケーションが活発なチームの中で、積読本を通じて話をすることで、その人個人が何を大切に生きているかを知り、お互いの理解がさらに深められそうですね (^^)!

 

KLASSでもまたこの読書会を開催する予定です。

 

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!!

 

 

f:id:hitotobi:20180330115419j:plain

KLASSにはキッチンがついているので、温かいお茶をすぐお出しできるのもうれしい。

 

・・・

2018/4/11追記
参加された方が、感想を書いてくださいました。キリッと冷えた炭酸ライム水のような文章がすてき。

junkotakijiri.com

あの場で何を見てくださったのか、何をひっつかんでくださったのか、ということが知れて、書いてくださることとそれを読めることはありがたいです。

積読ってなんとなく自分ダメ感とか罪悪感があるのだけど、「なーんだ、ちゃんと自分なりの大切な理由があるんじゃん!」と思えるのが、この読書会のいいところなのかもしれません。

キャリア教育の授業がおもしろい

f:id:hitotobi:20171003170431j:plain

 

息子の通う小学校では年に一回、保護者が先生になって自分の仕事をプレゼンする、キャリア教育の公開授業があります。子どもたちが「こんな仕事があるんだ」「身近なことの中に、こんな仕事をしている人の存在があるんだ」と知ることで、仕事観を広くもてるように、というのがねらいだと思います(たぶん)。「○○ちゃんのお父さん」「○○くんのお母さん」等々以外の、働く人、個人としての一面が見られるのは新鮮で、息子もわたしも毎回楽しみにしています。


昨年は築地市場で卸のお仕事をされている方のお話でした。築地で扱うもの、卸・仲卸の役割、市場での買い方(相対とセリ)、市場の構造(空撮写真をつかって)、築地の成り立ち、などをスライドを使いながらとてもわかりやすく、話してくださいました。
こういう仕事だからか、そういう性格だからこういう仕事につくのか?オープンマインドでサービス精神旺盛、お話上手で、引き込まれました。


セリの仕組みも、動画を見て、「手やり」という、指の折り曲げ伸ばしで金額を表す「言語」をみんな実際にやってみたり、セリ人が何を言っているかを翻訳してもらいました。初めてちゃんとセリを理解した気がします。しかしあの人がわらわらと集まってる中で、どれをだれが買うかあらかじめわかってなくて、そのときに急にしかもこっそり手先だけでやられて、ちゃんと拾えるのがすごい!聞けば聞くほど神業です。


卸で残った魚はどうするのかとか、ユニークな落とし物の話はおもしろかった!カニとかタコとか。スイカが落ちてるときはややこしいな…。

 

息子が卒業するまでにわたしもいっぺん前に立つほうもやってみたいなぁと思っています。子どもたちは、わかろうと一生懸命に聞いてくれるので、「この仕事をやっててよかったなぁ!」とすごく思いそう。もちろんそのために授業をするわけではないけれども。わたしの仕事は、市場の仲卸、建築家、医者など、よく耳にする名前ではないので、これから自分の仕事をつくることだらけの若い人たちに、もしかしたら何か伝えられることがあるのかもしれない、と僭越ながら思ったりします。

その人だからこそ語れる生の言葉の迫力があり、あざやかすぎず、時にはしどろもどろに伝える姿がリアルなのではないかと思うのです。

 

今年は商店街で職場体験もありました。保育園の頃は近所の中学生が保育士体験に来てたりしたなぁ。大人もできたらいいなぁって思ったりもする。職業訓練て意味じゃなく、リフレーミングの機会として。わたしも一日保育士体験をやらせてもらいましたが、「こちら側」にいるだけでは想像の域を超えられないことが、同じ作業をやることでようやく見えてくるものがあるのではないかと思うのです。

 

話がずれていったけど、、

「仕事」や「働く」については、たぶんだれでも生きていく上で一生必要としていて、一生考えていることだと思う。だからわたしも興味が尽きないんだろうと思います。

 

 

お知らせ:あさきゆめみし読書会 宇治十帖編をひらきます

f:id:hitotobi:20180328170421j:plain

2016年に友人たちを誘ってひらいた「あさきゆめみしを語る会」。

話すうちに見えてきたのは、若かりし頃にはわからなかった登場人物たちの感情の機微や、作者の紫式部の意図や人柄などでした。「大人になってもう一度読んでみてよかった!」と大変好評だったのですが、扱いたい話題が多すぎて、「宇治十帖」編までたどり着くことができませんでした。

 

*そのときのレポートはこちら*

hitotobi.hatenadiary.jp

 

 

その後1年半経って、この度、ようやく友人のまゆみさんと宇治十帖編の読書会をひらくことになりました。

 

光源氏を主人公としていた男女の一対一の恋愛物語とガラリと様相を変え、宇治十帖編は、3人の女性と2人の男性をとりまく複雑な人間関係を中心にした、暗く重い雰囲気を終始漂わせる物語です。

宇治十帖のテーマは何なんだろう、源氏物語全体の中から見た宇治十帖はどのような位置付けにあるのだろう。

紫式部はどうしてこの物語を書いたのか、何が彼女を書かせたのか。

当時の時代背景や女性の生き方、恋愛観、宗教観、死生観を織り交ぜたり、現代のわたしたちとの共通点や相違点とも照らしながら、皆さんと素朴な感想を語ってみたいと思います。

 

あさきゆめみし」を今回初めて読むという方は宇治十帖より前の物語も読んでご参加ください。

読書会がはじめての方でも歓迎です。話すことと同じくらい、聴き合うことを大切にすすめていきます。

 

お申し込みは以下Peatixから。ご参加をお待ちしております!

asakiyumemishi0420.peatix.com

 

ひらきました!:講座「ようこそ!百人一首と競技かるたの世界へ」

f:id:hitotobi:20180315063750j:image

3/4(日)中央区の女性センター「ブーケ21」にて、「ようこそ!百人一首と競技かるたの世界へ」という講座を開催しました。

講座担当の方が、わたしが主宰していた「かるたCafe」のウェブサイトを見てご連絡をくださったのがはじまりでした。

打ち合わせで、「男女共同参画講座の枠組みの中で、百人一首の女性歌人についてのレクチャーと競技かるたの体験の両方を入れた2時間の講座を企画している」とのお話をいただきました。「文学や歴史の話とスポーツの話、それらは全然違うものだから、同じ時間枠でお伝えするのは正直難しいかも...」と一瞬思い、講座の講師を務めるのも一年ぶりだったので少し不安もありました。が、お話をしながらむらむらとわきあがってくる、「おもしろそう!やってみたい!きっとやれる!」という自分の気持ちを信じ、お引き受けすることにしました。それが昨年の秋のこと。

それから本番までは5ヵ月とたっぷり時間があったので、日々の中で講座をすることを念頭において、何をお伝えするか、なぜお伝えしたいかを考えたり、教え方や話し方、講座の組み立て方を勉強したり、友人に手伝ってもらって講座の通し稽古をして過ごしていました。

 

f:id:hitotobi:20180219094532j:plain

区報にお知らせが載ってからの日々は、お申し込みはあるかな、どうかな...とドキドキしていましたが、当日までに定員の12席がすべて埋まり、キャンセル待ちも数名出ていたとのことでした。

当日の講座の冒頭で、参加された方お一人おひとりの百人一首との思い出をうかがっていて、百人一首というコンテンツの磐石さと懐の深さをあらためて感じました。百人一首を真ん中に、家族や友人や同級生や先生などとの深い心のつながりを持っていらっしゃって、その短い語りの中に見える風景はとても美しいものでした。かるたCafeでも会の冒頭の自己紹介でお話いただいていたのですが、この時間が好きだったなぁと思い出しました。

 

前半は、年表を使いながら百人一首の成り立ち、編纂者、年代などを見たあとで、女房16人について相関図を用いながら説明し、一首ずつの歌の鑑賞や解説をしました。ちらし取りなどのいわゆるお座敷かるたの経験がある方がほとんどだったのですが、歌の意味や時代背景などは子どもの頃はあまり知らないという方も多く、他の歌にも興味がわいたという声が聞かれました。

 

後半は、競技かるたの実戦。雅な和歌の世界と競技かるたのスポーツの世界をどうつなげるか、自分なりにストーリーを組み立てました。

万葉の時代に生まれた歌が、和歌になり短歌になり今も愛されていること。一方で貝合わせや色紙や戦国時代の南蛮渡来のカードゲームの流れからかるた遊びに発展し、現代の競技かるたの形になっていること。すべてが千年も前から今の自分のところまで一本の線でつながっているんですねぇ...というお話をさせていただきました。

 

f:id:hitotobi:20180315063816j:image

実戦のほうは、決まり字で音を聞き分けて、相手よりも早く取れるように戦略を立てながら試合を進める競技かるたは初めての方がほとんどだったため、前半で扱った16人の女房の歌を使い、並べ方や決まり字の仕組みをお伝えしながら、ゆっくりと進めていきました。

最初は戸惑いも見られましたが、次第に「取った!」「くやしい!」と歓声が上がり、「子どもの頃を思い出した!」と年輩の方も少女のようにはしゃいでおられたり、唯一の競技かるた経験者で学生時代にB級まで昇級していたという方が「なんだか無性に競技かるたがしたい!」と言っておられたり、たくさんの笑顔が見られました。

区の講座で託児が利用できたので、赤ちゃんや幼児さんを預けて参加してくれた女性が3人いらしたのも、個人的にはうれしかったです。「子どもを安心して預けられて、新しいことを学ぶのに集中できるのはうれしい」とおっしゃっていました。よかった!

 

f:id:hitotobi:20180315063852j:image

百人一首はとても懐の深いものなので、歴史や文学でも、競技かるたでも、関心のおもむく方へ掘り下げていかれるのも楽しいと思います。

講師としては、皆さんが、「たくさん吸収しよう」と前のめりで参加してくださったことや、「この場を信じて楽しもう」と託してくださったことが本当にありがたかったです。区の担当の方はもちろん、区民ボランティアさんもてきぱきとサポートしてくださり、皆さんでつくった場になりました。ありがとうございました。

 

・・・

完全に自画自賛になってしまいますが、このプログラムは、2時間という短さながらも、内容に濃さと楽しさがあり、百人一首も競技かるたもどちらも網羅的に知りたい、体験してみたいという未経験または初心者の方にぴったりです。

他区や他団体からも、講座のご依頼をお待ちしております!

お問い合わせはこちらまで> seiko.funanokawa★gmail.com(★=@)

 

f:id:hitotobi:20180327170107j:plain

 

この日の午後は、紀伊国屋書店で行われる、書籍「短歌タイムカプセル」の刊行記念トークショーに友人らと出かけました。

午前に千年前の和歌から現代の競技かるたの話をして、そして午後に現代の歌人が現代の短歌の話をしているのを聞き、なんとも言えないタイムトリップ感でした。しかもこの本の帯には「一千年後に届けたい現代短歌アンソロジー」とあるのです!

「千年前も今も千年後も」わたしが大切にしているものがこの一日に凝縮されていて、まるで贈り物のようでした。