ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する場づくりを通して考えることなど。

本気で読書会を主催したい方向け: 読書会のつくり方講座をひらきます

10/21に千駄木で読書会を主催したい方向けの講座をひらきます。

読書会のつくり方講座

 

「本気で」と煽っておりますが、ぜひこの機会に本気で考えてみてほしいな!と思って書きました。

 

★ ★ ★

 

f:id:hitotobi:20181002215833j:plain

 

わたしは2014年〜2016年白山夜(はくさんよる)という読書会を営んでいました。

2014年に立ち上げるまでに、ワークショップデザインやファシリテーションについて学ぶと同時に、教える仕事もしていました。なので、ある程度の設計などはできたわけですが、それでも読書会というものがどのようなものなのか、どのようなプログラムが可能なのかは、実際に現場に行ってみないとわかりませんでした。

 

いくつかの読書会に行ってみて、主催している人に話を聞いてみて、どれもとても参考になるし、よい場なのだけれど、わたしがひらいてみたい場とちょっと違う...とどれに関しても思っていました。

 

そのあたりの気持ちをこのメッセージに込めて、ひらきはじめました。

 

立ち上げに協力してくれた相方さんが場所も提供してくれて、いつも応援し励ましてくれました。フライヤーも刷って、ホームページもひらいて、会う人会う人に「読書会をやるんだ」と話して。

 

「でもそれだけがんばってやって、誰も来なかったらどうしよう」とひらく前はびくびくしていたのですが、相方さんが「大丈夫、二人いれば場になるから!」と言ってくれた言葉を、今でも場をひらくときにはおまじないのように唱えています。

 

記念すべき第一回に、近所に住む一人の女性が来てくれたことを、ほんとうに昨日のことのように思い出します。彼女とはそれからずっと親しくしていますが、ほんとうに今も、そのときの丁寧な申し込みのメールの文面そのままの人です。この出会いはほんとうに宝物でした。もちろんその後来てくださった方からも、たくさん宝物の出会いをいただきました。

 

うまくいかないこともありますし、いろいろな事情や変化によって、結果的にこの読書会は仕舞ったわけですが、この場での経験は、何年経っても、幾度となく、わたしにいろんなことを教えてくれています。本気でつくったこと、やりきったことを、ほんとうによかったと思うし、場にも人にもとても感謝しています。

 

f:id:hitotobi:20181002220747j:plain

 

 

そんなこんなをいろいろと書きましたが、、ともかくお伝えしたいことは、自分の動機から場をひらくことには、何にも変えがたい興奮と幸福があるということです。

 

自分の安心領域から出て(殻を破る)、自分の領域をストレッチする必要がありますが、ひらいてみたときに、自分の見たかった景色が、自力では至れなかった場所に展開されていることに驚く、というような体験でもあります。

一回だけの読書会でも、コミュニティとして存続していく読書会でも、同じようなことが起こるのではないかと思います。

 

 

もう一つは、読書会をひらいてみたいときには、「読書会に参加するのが一番」ということです。場は人。取り上げる本のジャンルだけではなく、進め方も場で大切にしていることも人によってまったく違います。

ぜひ、いろんな読書会に参加されることをお勧めします。

 

 

 

過去に何本か記事を書きましたので、こちらもご参考までに!

 

過去に配信したポッドキャストの中に、読書会を番組として収録したものがあります。
ご興味ありましたらぜひ聴いてみてほしいです。
 
「森の読書会」

 

 

10/21のつくり方講座はこんなふうに考えています。

 

[自己紹介] お互いのことをちょっと知ってみる
[解説] 読書会とは?
[体験&ふりかえり] 持ち寄り紹介型読書会
[解説] つくり方・進め方
[体験&ふりかえり] 感想シェア型読書会
[解説] つくり方・進め方
[解説] 企画の立て方
[ワーク] 自分の読書会を企画しよう
[発表&フィードバック]
[ふりかえり] きょうどうだった?

 

 

もしわたしの場にも興味をもっていただけましたら、ぜひいらしてください。

あなたらしい読書会を一緒に企画・設計していきましょう!

 

お待ちしています^^

 

dokushokai3.peatix.com

 

 

 

✴︎今後の予定です✴︎

 

10/7(日)杉並区男女平等推進センター講座 マンガから学ぶ「女性の働き方と両立支援」ーー「ちはやふる」から学ぶ「百人一首と競技かるた」

http://hitotobi.hatenadiary.jp/entry/2018/09/28/103347

 

10/13(土), 11/4(日), 11/18(日) また行きたい!と思える場をつくるゼミ

http://hitotobi.hatenadiary.jp/entry/2018/09/16/110234

 

11/21(水) 爽やかな集中感 競技かるた体験会

https://coubic.com/uminoie/174356

 

12/23(土) 自分の今とこれからを見つけるコラージュの会《冬至編》

https://collage3.peatix.com/

 

《随時》場づくりサポート個人セッション 

http://hitotobi.hatenadiary.jp/entry/2018/07/18/124924

調べ学習が楽しい話

以前ポッドキャストで、「調べ学習が楽しい話」という話をしました。

doremium.seesaa.net

 

 

配信した頃に書いていたメモをブログの下書きに見つけたので、投稿しておきます。

 

 
f:id:hitotobi:20180315064616j:image

 

絵で見るある町の歴史

図書館で借りてよかったので、高かったけど、買ってしまった本。ある川沿いの町(おそらくヨーロッパ西北のあたり)の12,000年にわたる変遷を見開きページで追っていく本。「ウォーリーをさがせ!」や屏風絵の「洛中洛外図」のようにこんなところでこんな人が!と細部を追っていくのも楽しい。

わたしがこれを買ったのは、西洋絵画を見る時に役に立つなと思ったから。世界史は好きなんだけど、年代・年号を暗記するのが苦手で、それらと出来事とを結びつける感覚も弱い。「1,600年ごろ」って言われたときに、その頃の暮らしや風俗がパッと浮かぶと、それをひとつの軸にして、作品を見られたり、同時代の作品と比較したり、より深い理解ができるのではないかと思ったので。歴史的に西洋絵画の中心と、この本の「ある町」はだいたい近い感じがする。発展させて、「その頃日本では...」「その頃アメリカでは...」とかも、パッと把握できるようになりたい。

 

 

名字と歴史のはなし

百人一首と競技かるたの講座の講師を務めることになって、平安時代のことをあれこれ調べていたときに、「そういえば藤原ってめっちゃ人数多いんだけど、なんで?」「近現代までの名字の付け方の変遷って?」と疑問がわき、読んでみたらおもしろかったので、これも買ってしまった。教科書で知っていた日本史を、名字をいうテーマで串刺しにしたときに、あれとあれが関係していたのか!とか、そういう関わり方だったのか!という発見があって、おもしろい体験でした。これが絵がいっぱいでカラフルで見開き一テーマな感じがわかりやすいので、大人向けの「雑学なんとか」よりもわたしは好きです。「名字のひみつ」というシリーズで他に3冊ほどありました。

 

 

 

イスラームってなに?

聖書の勉強をしていたきたこともあって、他の宗教はどのようになっているんだろう?との好奇心から借りてみました。4冊シリーズで出ています。2017年8月〜2018年3月と最近出た本なので、今の世界状況に沿っているところがよいです。同じイスラム教徒でも国や地域によって異なることを、4カ国のイスラームの子どもの生活からリアルに感じられます。子ども向けの本は、シンプルで網羅的すぎない、そして読み手に親しみを起こさせることを大切にしているところがいいのかもしれません。

 

 

 

アニメなんでも図鑑 

この本自体が、アニメ博物館のような編集、構成、レイアウトになっていて、すごく楽しかったです。時間を忘れて館内見学してしまう。作り手の熱をびしばし感じる本。作業工程の表現の仕方は他の分野でも参考になるんじゃないかしら。

  • アニメーションと「アニメ」は違う(というところから、えー!!となる)
  • アニメの歴史(それぞれの時代、社会の中でどのように求められてきたか)
  • アニメのジャンル(それぞれのアニメによって得られる印象、効果、向き不向き)
  • 特徴(アニメという形式によって何を表現しようとしているか)
  • アニメのできるまで(知っているようで知らなかった制作工程)
  • アニメの作り方(原理を使って自分でもやってみれるアニメ、何がおもしろいのかを自分でもつくることを通して理解できる)
  • みておきたい傑作アニメ(アニメとアニメーション、日本と海外に分けて)
  • アニメにかかわる仕事につくには(こどもにとってもいいし、大人にとってはこれからその仕事につかないまでも、誰がどうやって制作にかかわっているかを知れる、制作や業界を支えるパーティ) 

 

 

 

 

図書館のこどもの本のコーナーにはお宝ざくざく!

 

 

この記事で書いた、宗教学を教えてくれた先生によると、

あたらしいことを学ぶなら、小学生向けの本を読み、

小学生向けの本が理解できたら、中学生向けの本を読み、

中学生向けの本が理解できたら、高校生向けの本を読み、

高校生向けの本が理解できたら、基礎的なことはほぼ理解したと思っていい。

とのことでした。

 

新しい分野を勉強するときに取り入れている考えです。

 

 

途上だから分かち合いたい: 第5回 学びのシェア会に参加した

f:id:hitotobi:20180928220116j:image

 

友人たちと隔月でひらいている「学びのシェア会」に参加しました。

過去のレポートはこちら。(第1回第3回

 

すべての場には参加できない、すべての本は読めない、すべての人の話は聞けない...でも信頼と友愛の前提のある人たちが、それぞれ見聞きしてきたことを、その人の身体を通って学びに変えたものをシェアしてもらうことで、「体験」できるのではないか。

 

そして、自分が学んだことを関心をもって聴いてくれる仲間にシェアすることで、より学びが定着し、深まり、さらにこの先の学びへとつながっていくのではないか。

 

そんなことを目指してひらいている非公開・招待制の場。

好奇心旺盛で学びの欲求に満ち満ちているメンバーに、いつも刺激をもらっています。

 

今回は8名が参加。過去最多。はじめて参加の方が毎回1〜2名いらして、ほどよく風が入っていくのもいい感じ。

 

 

チェックインでは、

「勉強が好きで、テーマを見つけて一人でコツコツ学んでいるけれど、ときどき孤独」

「学ぶのは好きだけど、出す場所がない。でも誰に何を伝えたらいいのかもわからず」

「子どもの頃から勉強が好きだったけれど、好き!とおおっぴらに言えなかった。でも今はそれが言える場所があってうれしい」

「学びのシェア会は、『がんばる勉強』ではなくて、なんだろう?ただただ楽しい」

などなど、一人ひとりの微熱を感じながらスタートしました。

 

 

 

f:id:hitotobi:20180928205259j:plain

わたしは、8月に参加した、CNVCの認定トレーナー、サラ・ペイトンがファシリテーターを務める「ファミリー・コンステレーション」のふりかえりを共有しました。

NVCについても、サラ・ペイトンについても、ファミリー・コンステレーションについても、わたしが知っていることや、話した内容は詳しくここに書けないのですが(書けないのでこういう会で話しているというのもある)、「サラ・ペイトンの」ファミリー・コンステレーションというグループセラピーがわたしの人生のどのような部分の解釈を容易にしたか、サラのいる場への信頼や、ファシリテーターとしてのサラの存在の唯一無二さ(サラだからこそこのような体験になった)などについて発表後の対話も含め、自分の中に落ちました。

これを発表した意図は、あくまでも、一つのセラピーやコミュニケーションの手法を推奨するわけでも、勧誘するわけでもなく、個人的な体験(わたしに何が起こったか)としてシェアしたいということだけで、そこから皆さんが自由に自分の関心や理解につなげてフィードバックしてくれたことが、とてもとてもうれしかったです。

 

 

 

 

 

f:id:hitotobi:20180928205751j:plain

稲葉麻由美さんの「右脳から体験するNVC

同じくサラ・ペイトンの来日セミナーのひとつで、ファミリー・コンステレーションの前日にあったワークショップ に参加しての学びのシェア。左脳的な能力を使ってコミュニケーションをしてることから起きる分断や分離についての分かりやすい解説と、右脳を使った共感の体験、について。

麻由美さんの説明はいつもながらにわかりやすく、しかもきょうはいつもに増してユーモアにあふれていて、かわいかったです。さっそく学びを発揮している。

 

麻由美さんのレポート

mayuminaba.hatenablog.com

 

 

 

 

f:id:hitotobi:20180928210709j:plain

高橋ライチさん。「かぞくと自由と選択と幸福」。

ライチさんがメンバーの一人として催した「かぞくってなんだろう展」や、クルミドコーヒーでのミヒャエル・エンデの「自由の牢獄」の読書会に参加しての学びのシェア。

一本のお芝居を見ているような、壮大で深く深く潜っていくような語りに圧倒されました。

 

ライチさんのレポート

ameblo.jp

  

 

★ ★ ★

 

出てきた印象的なワード&フレーズいくつか。

 

家族システムの中でバランスを取ろうとする子ども

聡明さ

右脳と左脳の役割分担

複雑性を保持する

非現実な夢の推測

どうやったら世界を達成するか?(左脳)

どうやったら世界とつながれるか?(右脳)

話す仕事は身体感覚とつながりながら

「新鮮な」メタファー

活動と変化がすべてで、できあがったものは大切な抜け殻

見える世界と見えない世界

壁抜け、井戸掘り

プラトンの洞窟

意味を超える創造

選ぶ前にはわからない

一度した選択にしばられなくていい

誰も信じてくれなくても選択する

夢、アート、詩という窓

道しるべは自分の「意味」を知らないが、他者に貢献している

ファシリテーターや講師であるということは「人間界で人間でいることへの挑戦である(容易に道具となりえるので)」

 

★ ★ ★

 

わたしが知りたくて、でも自力では至れなかった部分を、同じ時間を生きている仲間が掘り進めてくれていた!という感じがすごくして、ありがたい時間でした。

 

人の学びを聴くことは、情報としては「二次三次」なんだけれども、その主観ごと味わっている感じがよいのだよね、と。そこもみんなと分かち合えている感じがまたあたたかい。

 

到っているからではなく、途上だから。

分かち合いたい、受け取り合いたい。

 

チェックアウトは、こんな感想が出ました。

「(ひと言も発しなかったけれど)なにもしないで浴びていて、まるで温泉にいって、知らないおばちゃんたち(失礼!)が、あーだこーだ話しているのを聴いているような、すごくあったかくて気持ちよかった。集団の中にいてしゃべらなくてもいいってなかなかない」

「この会に来ると、言葉が不自由になって、うれしい、楽しい、しか言えなくなる。段取りができなくなってそういう自分がおもしろい」

「生きているプロセスのシェアをしている」

「人の根源的な喜びは世界に貢献する」

「不確かなことでも、うまく話せなくても、わかってもらえることもある、という希望をこの場では確認できている。教える場(講座)も持っているがそれとはまた異なる喜び」

 

ああ、きょうもほんとうに終わってから、楽しい!うれしい!幸せ!しかなくて、身体中が喜ぶ感じ。

あー、きょうはいい天気だったし、よく眠れそうです。

 

 

きょうの場を経て、また探究が進みそうです!学びの仲間に感謝!

会の感想とは別に、場にいて自分の中でふつふつわいてきたことがいろいろあるのだけれど、これもまたぼちぼち書いていこうと思います。

 

「自由の牢獄」の読書会やりたいな...。

 

 

★ ★ ★

 

楽しそう!と気になった方は、ぜひお友だちやお仲間でやってみてくださいね!

わたしは会場予約&おやつ係をやっています^^ 学びの場におやつは欠かせないのだ!

 

【スケジュール例】

「登壇者による発表(20分)」&「参加者との対話(15分)」を3セット

13:30-13:40 チェックイン(名前、来たきっかけ、楽しみにしていることなど)

13:40-14:00 1人目発表

14:00-14:15 1人目の発表についての対話

14:15-14:35 2人目発表

14:35-14:55 2人目の発表についての対話

14:55-15:05 休憩

15:05-15:25 3人目発表

15:25-15:40 3人目の発表についての対話

15:40-16:20 全体シェア

16:20-16:30 チェックアウト(きょうの感想)

16:30-16:40 撤収、終了

 

 

 

【注意事項】

❌受講した講座の丸写しNG
❌受講した講座の資料流用NG
としたうえで、


☆シェアされる内容は、あくまでもその人個人の受け取ったものであり、伝えた側の意図とは違っていることを前提として受け取る
☆シェアの内容を二次使用する場合は、原典(もとの講座や本など)にあたってからを推奨。
☆少人数で気楽にやってOK(編集しきれてなくても、学びの最中のものでもよい)。発表者だけが主とならず、対話自体でさらに学びが深まることを意図する。

(他にもあるかも)

 

 

 

 

 

 

ひらきます:「ちはやふる」から学ぶ百人一首と競技かるた@杉並区

今年に入り、せいこ講師の「百人一首と競技かるた講座」をさまざまなところで開催させていただきました。

 

中央区女性センター「ブーケ21」

ひらきました!:講座「ようこそ!百人一首と競技かるたの世界へ」 - ひととび〜人と美の表現活動研究室

・アカシデカフェ

はじめての競技かるた@アカシデカフェ、ひらきました - ひととび〜人と美の表現活動研究室

・夏休みの宿題対策個人授業

楽しい百人一首の個人授業をはじめました - ひととび〜人と美の表現活動研究室

 

 

そして今回、競技かるたの先輩からお声がけいただき、杉並区の男女平等推進センターの講座として、開くことになりました!

http://www.city.suginami.tokyo.jp/event/kuminseikatsu/kanri/1042757.html

 

 

杉並区の区報、おしゃれ...!

f:id:hitotobi:20180905203924j:plain

 

ブログでお知らせするのが遅くて、気づいたらきのう締め切りでした。ごめんなさい。

でもちょっとこれについて書きたい。

(追記:託児がなければまだお申し込みいただけます!)

 

 

今回は、

マンガから学ぶ「女性の働き方と両立支援」
〜「ちはやふる」から学ぶ「百人一首と競技かるた」

というなんともわくわく震えるテーマをいただいています。

 

女性であること・女性性・女性として生きることの、時間や空間を超えたところでの相違や共通をどうとらえるか、ということかなぁと受け取っております。

 

とはいえ、わたしには国文学、社会学、女性学...等々のアカデミックなバックグラウンドはありません。学問的にコンセンサスの取れた間違いない話をするというよりは、一人の百人一首と競技かるたが好きな女性として、個人的に調べたり学んだりしてきたことの中から、みんなとシェアしたらきっとおもしろいんじゃないかということを持っていくので、それをもとにみんなでわいわいと楽しい時間を過ごせたらと思います。

 

 

 

しかも今回の講座がすごいのは、杉並かるた会所属のA級とB級の現役選手が3名いらして、和装でデモンストレーションをしてくださることなんですよ!!!

ああ、ほんともっと早く言えって感じですね。。ほんとうにすみません。

 

 

これが無料の区民講座でいいのかという豪華さ!

「これぞ競技かるたのイメージ!」という画が目の前で展開されます。

 

 

参考画像です。...美しい...はぁ...。

f:id:hitotobi:20180928101836j:plain

平成28年度 新春 百人一首 子供かるた会-じゃんけんぽん からお借りしました。

 

 

デモを見てもらったあとは、参加される皆さんにも実戦していただきます。

百人一首にふれるのがはじめての方も、競技かるたがはじめての方も、腕に覚えのある方もいらっしゃるようですが、レベルを合わせたり、選手の方々と皆さんでサポートしますので、楽しんでいただきたいです。(いや、ぜったい楽しいよ!)

 

 

他の時間や空間や次元に生きている(いた)人たちとのつながりを感じながら、今、その場で動いてしゃべって、感情や心を動かし、生きて命の火を揺らしている人間との関わりがおもしろいなぁ...という実感を持ちながら、場をひらき、進めていこうと思います。

 

 

進め方は、ざっくりこんな感じで考えてます。

 

〔レクチャー〕

百人一首のつくり、「女房」として働く女性たち、和歌の鑑賞、ちはやふる百人一首など

 ↓

〔デモンストレーション〕

競技かるたのルールや取り方を知る

 ↓

〔実戦〕

競技かるたの個人戦をやってみる

 

 

 

さてさて、120分の中でみんなでどこまでいけるかな?

終わったときにどんな景色が見えるかな?

 

楽しみです!

ショールーム型ラジオ「リブトビ逆噴射トークライブ 」はじめます

f:id:hitotobi:20180925171018j:plain

 

 

10/6(土)の午後、友人のちほさんとこんな場をひらくことになりました。

 

リブコ(liveco)のちほと、ヒトトビ(人と美)のせいこで、月に一度、テーマを変えて、90分のショールーム型ラジオのようなおしゃべりを踊る場をつくってみることにしました。

peatix.com

 

内容は、イベントページを見ていただくこととして。

今考えていることをつらつらと。

 

ちほさんは「キャリア」、わたしは「場」というキーワードでずっと生きてきて、6年前にたまたま同じイベントにスピーカーとして登壇したことからのご縁。主にキャリアの話をする場。そのときにちほさんはわたしのことを「外と内が合ってないのでは」と既に見抜いてくれていた。自分では全然気づいていなかった。違和感を覚えるのはそのちょっとあと。

 

以来なにかと、わたしが困ったり迷ったりしたときに話を聞いてくれたり、提案してくれたり、臆せず心情を吐露くれたり(それはわたしにもすごく関係のあるテーマ)、頼り頼られ、生きてきた。友人、友だちなんだけど、一緒に生きているこの感じは、もっと名前のつけられない特別な関係という感じ。その豊かさについても、いつも話す。

 

今回は、「そうそう、そういうのやってみたかってん!」という企画をちほさんが提案してくれてとてもうれしい。0→1(ないところにあらしめる)も好きだし、こうして誘われて乗っかって一緒にやるのも好き。

 

いつか一緒に何かできたら、ということは何度も話してきて、今年の4月に一箱古本市に出ることにしていたのだけれど、急に主催側の都合で日程が合わなくなり、流れてしまっていた。ようやく一緒にできる!と思ったんだけどなーという気持ちは引きずりつつ、枠がなくてもやろうぜ!と言ってくれたこともとてもうれしい。ちほさん頼もしい。ラブ♡ 

 

そこに「これもやりたい」「あれもやりたい」とお互いにぶっ込んでいっています。

いろいろやってきたつもりだったけど、まだまだやってみたいことがあるんだ、ということにも自分で驚いている。うれしい。伸び代いっぱい。

 

 ちほさんが書いてくれた企画書。

liveco.hatenablog.com

 

 中でもここが気に入っている。

 

提供するもの

何かになろうなどを強いないけれどただ生きて楽しく過ごしている2人の不思議な会話をそのままシェア


スタンス

みんなの前で、ひらいて踊ってみよう。どこまで私たちはひらけるか?!

 

みんなの前で、ひらけるところまでひらいて踊る。

踊ることが好きだから。

踊るわたしたちを見て、踊りたい人はぜひ踊ってほしい。

 

 

お互いの可能性を広げるようなこと。「一緒にやってて何も減らない損なわない、ただ増える満たし合う一方」を、いろんな人と時期が合ってやる。そんなふうに生きていきたい。

役割や約束も大事だけれど、それに縛られず。時間や人間、どちらも有限だとわかりながら、あえてそれを広く捉えて。

 

今回はその序章。わたしたちの本気の研究開発。ささやかだけれど壮大な実験。

 

★ ★ ★

 

場(人と人との関係、機会、営み)という観点から見ると、はじめ方、立ち上げ方の話は多いけど、辞め方、閉じ方、終わり方、仕舞い方の話はあまり語られないように思う。

 

なるべく迷惑のかからないように、

なるべく傷つかないように、

なるべく事務的に済ませられるように

自分を守る。

 

怖れが強すぎるために終わらない、続ける、という選択だってある。

それもいい。

 

でも、そこで動く感情や望みを怖れはあってもしっかりと見つめられたら、終わりは始まりだということや、終わることは祝福と受け容れられることもあると思う。

関係を生み出し、変化する関係と共に生きるのは、そんなに簡単に手続きだけでは終われない。

 

 

 「仕舞う」という言葉は、お能の「仕舞」とルーツが同じなのか、漢字を当てただけなのかわからないのだけれども、関係あるかと思ったことはぜんぶトークに持ち込もうと思っているので、その話もするかもしれない。

場がそこに集う人たちが持ってきたものによって構成されるという様を、あらためて舞う側から見てみたいと思う。

 

★ ★ ★

 

お金のことについても今回は挑戦がある。人生終わったときの、経済的収支はとんとんだと思っているけれども、定価をこちらで決めて、約束どおり完成させて、定額通り払ってもらうということだけがお金の回り方だろうか?という疑問がある。

どうつながっていくと、わたしにとって、みんなにとって、幸せなお金の回り方になるか。

人間の心理を利用するとかだけじゃなくて。なんかもっとないのか、とか。

このあたりはいつも話すテーマ。

 

★ ★ ★

 

2001年、ドイツで夏を過ごしていた頃を時々思い出す。

ドイツの夏は夜8時を過ぎてもまだまだ明るくて、緑いっぱいの庭でビールを飲んで、飛行機が頭上の高い空を飛んでいくのを眺めていた。25歳のわたしは、早く何者かになりたくて、焦りながらも毎日楽しかった。たぶん人生で今が一番気楽で幸せだから、この先はタフな出来事が待ち受けているから、今のこの時間、この風景、この感情を胸に刻んでおこうと自分にかたく誓っていた。

 

何者か、という言葉を聞くと、あの 時間にふっと戻る。

今なら、あのガーデンチェアに座って空を見上げている自分に、どんな言葉をかけるだろうか。

 

 

★ ★ ★

 

当日は風土はfoodからはお休みですが、料理長の石丸さんが、美味しいおやつを用意してくれています。秋田の08coffeeさんのコーヒーも淹れます。

お楽しみに。

 

 

↓ きのうお店で打ち合わせした。

 
f:id:hitotobi:20180925235209j:image

 

 

当日はライブ配信を予定しています。

f:id:hitotobi:20180925174026j:plain f:id:hitotobi:20180925174041j:plain

 

風土はfoodからで、オンラインで、お目にかかるのを楽しみにしています。 

 

 

 

↓ ちほさんが遊びでつくってくれた。こっちも好き!

f:id:hitotobi:20180925171031j:plain

誰から手渡されたいか

f:id:hitotobi:20180925184417j:plain

 

 

わたしの「場づくり」に含まれるいくつかの要素を、言葉で表現すると、コミュニティデザイン、ワークショップデザイン、ファシリテーション、イベントプランニング、コンセプトメイキング、コミュニケーション、リレーショナルデザイン等になるのかなぁということが、最近ようやく言えるようになってきました。(カタカナばっかり...笑)


言葉が違えば、まったく別のもののように見えるのがおもしろいですね。

 

「場づくりって知らないんだけど、何?」と聞かれたときに、既に存在していて、相手が知っている言葉、あるいは知らないけれどなんとなく想像がつきやすい言葉に置きかえられると、会話が終了しなくていいですね、とあらためて思う。

わたしが何をしている人なのか、知りたいと思ってくださったことがありがたいです。

 


場に限らず、自分とその対象がどう関係があるかの決め手って何なのかなとよく考えていたのですが、結局のところ、誰からどのような文脈でそれを聞きたいか、手渡されたいかによるのですね。

 


場はひらく人次第。


つまり、この場づくりゼミという場も、わたしがどのような人であるかが大きい。わたしから聞きたい、シェアされたいと思ってもらえるように、わたしのお仕事、世界の見え方・捉え方などを、こつこつと綴ったり話したりしています。

 

 

 

 

f:id:hitotobi:20180925184231j:plain

 

 


そんな場づくりゼミ。


イベント、講座、コミュニティ、チーム、拠点など、「また行きたい!」と思える場には何があるのか。一人ひとりの体験や関係性を大切に、機会や営みの場づくりを考えます。これから立ち上げる人も、ふりかえりたい人もどうぞおいでください。


考えや思いはふわふわしていても大丈夫です。場づくりゼミは企画を立てるところから。「自分の好きな・得意なあのことで、こういう人と集まったらきっと楽しい」「自分が運営するスペースを活かして、既に来てくれている人たちと何かおもしろいことがしたい」など、願いを形にしていきましょう!


場づくりゼミは既に場を運営している方のふりかえりの機会としてもおすすめです。停滞している、関係性がよくない、集まってもらえない、わくわくしない、自分だけががんばっている...変える見直すのは続けるため?仕舞うため?どう舵を切っていくか、一緒に考えましょうー。

 

 


★秋の場づくりゼミは4回開講します★

9/29(土)13:30-16:00

10/13(土)10:00-12:30

11/4(日)10:00-12:30

11/18(日)10:00-12:30


連続はもちろん、単発参加も大歓迎です。順番通りに参加して積み上げる学びだけが学びではなく、たまたま出た回が、その人にとって必要な学びが得られるようであるといいなと思い、設計しています。(全部の回の予定を合わせるのって大変ですしね)

 


★距離や時間帯の制約のために来られない方がいらっしゃるかもしれないなぁと思い、今後オンライン開催もやりたいなと思っています。テーマごとに個別の開催もやりたいです。


★場づくりに関する特定のお困り事には個人セッションも承ります。

テーマは人間関係、企画、募集、場所探し、辞める・仕舞う...など。

 


ご興味ある方は、こちらのコンタクトフォームからお問い合わせください。

 

 

bazukuri3.peatix.com

時は流れる、わたしは成長する: 秋分のコラージュの会、ひらきました。

f:id:hitotobi:20180923214744j:plain

 

9/23、秋分のコラージュの会でした。

 

お彼岸のため、寺町である谷中のまちは人であふれんばかり。昼と夜の時間が等しくなる。2018年は1/4を残すのみ。

 

なんだかきょうは船で行って船で帰ってきたような旅になりました。

船が頑丈だから、ちょっとぐらい波に揺られても平気。

いろんなスピードで変化し続ける、わたし、あなた、わたしたち。

 

コラージュは3回目という方が来てくださって、6年前に作った作品を見せてくださったのですが、きょうのものと全然違っていて、ご本人も驚かれていました。人生のテーマは少しずつ変わってゆくんだな。

 


f:id:hitotobi:20180923191316j:image

きょうの作品は、ターコイズブルーやカシスレッドの特徴的な色が際立っていて、ファッションに取り入れてみたらぜったいお似合い!と思いました。地に足のついたのびやかさ、芯のある丁寧さ。

 

感想を交わし合って、最後に「これができてとても満足」と言っていただけました。よい旅ができてほんとうによかったです。わたしも楽しかった。

 

 


f:id:hitotobi:20180923191341j:image

わたしのコラージュは「ロックですね!」とか、小さいパーツにまで関心を向けてくださって、うれしかったです。お彼岸で、亡くなった人たちもコラージュしに来てくれていたのを感じ、一つひとつをぜんぶ貼り込みました。

 

これからの3ヶ月、今回の作品を寝室の壁に貼り、お守りにして過ごします。 

 

 

 

 

f:id:hitotobi:20180923213840j:plain

f:id:hitotobi:20180923214004j:plain

製作前のワークでいただいた言葉たち。

中でも感謝でいっぱい・現実の共有・意図を理解しているにぐっときました。

わたしの話の中に、こんなにもたくさんの大切なことを聴き取ってくださったんだなぁと、今見てもあたたかな気持ちになります。

 

 

 

コラージュの会では、いきなりつくるのではなく、前に2つほどワークをします。

そして後に発表会をします。

この時間がすごく楽しいんです!いろんな方に体験してもらいたいな!!

 

  

ご感想をいただきました

自分の好きなもの、好きなことに集中できて、コラージュだけでなく達成感と満足感を持ち帰らせていただきました。ここ数年、自分があまり成長できていないような気がしていたのですが、きっとそんなことはなくて、目に見えなくても小さな変化が積み重なって今があるはずだ、とちょっぴり自身を持てました。

 

ご参加ありがとうございました♪

 

 

次回は12/22(土) 冬至です。
2018年のふりかえりにぜひどうぞ。

自分の今とこれからを見つけるコラージュの会《冬至編》 

peatix.com

 


f:id:hitotobi:20180923191522j:image


f:id:hitotobi:20180923191537j:image


f:id:hitotobi:20180923191550j:image