ヒトトビ〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する場づくりを通して考えることなど。

「ディエゴ・リベラの時代展」を観てあーだこーだと語る会、ひらきました

f:id:hitotobi:20171117222133j:plain

埼玉県立近代美術館で2017/10/21-2017/12/10開催中の、「ディエゴ・リベラの時代展」を観てあーだこーだと語る会をひらきました。

 

peatix.com

 

 

ラジオで録ったものを除くと、久しぶりの美術展であーだこーだの会でした。

やっぱりみんなで感想を話すのは楽しい!今回は人数をぎゅっと少なめにして、4人で実際に絵の前で話してみる時間を後半につくりました。流れはこんな感じ。


10:00-10:05 ブリーフィング(自己紹介、きょうの流れ説明)
10:05-10:10 各自チケット購入、トイレ、荷物をロッカーに預ける
10:10-11:30 各自鑑賞。作品シートや手帳などに鉛筆でメモを取りながら
11:30-12:15 「ピックアップ鑑賞(勝手に名前つけた)」気になった絵の前へ行って「どこが気になったか、どんな感想を持ったかスピーチ」+みんなであーだこーだ(参加者全員一人ずつ)
12:15-12:30 ロッカーから荷物を取る、ミュージアムショップで買い物、カフェへ移動
12:30-13:30 カフェでランチしながら続きをあーだこーだ


実物の作品の前で話すのは今回はじめてやってみたのですが、とてもよかったです。いつもは一旦美術館を出た後に、ポストカードやチラシや図録を前に話していましたが、本物がやっぱりいい。他の鑑賞者さんに配慮しながら、マナーを守って行いました。

モティーフ、技法、画材、画風の変遷、時代背景、ヨーロッパ・ロシア・アメリカ諸国との関わり、国の歴史...いろんな角度からじっくり話せて、それぞれが受け取ったものの話もして、ディエゴ・リベラの人生をみんなで旅しました。

最初の謝辞のコーナーで、メキシコのある機関の方が、「ディエゴ・リベラはメキシコの大命題」「我々メキシコ人が向き合うべき存在、アイデンティティの一部」と書いていたので、ここでわたしはすぐに「おお!そういう人だったんだ!」とスイッチが入りました。

19世紀後半からから20世紀半ば頃までのメキシコ美術の流れを、ディエゴの画業を軸に据えつつ、同時代の画家の作品を織り交ぜながら、展開されていくキュレーションには説得力がありました。「ディエゴの作品がたくさん見られる!」と期待しすぎて行くとちょっと違うけれど、むしろ単独で語られるよりも深く理解できたように思います。

ディエゴの画業の中でも、国の使命を背負わない、絵描き屋の仕事でもない、ただ自分自身の愛や欲や萌えを自由に大切に描いた作品に度々足が止まりました。自分でも意外な作品が気になって、ピックアップ鑑賞の時間にみんなを連れてきて話してみたら、なるほど!とわかること多し。3人がディエゴの絵を選んだのに、作品も年代も描いた対象もバラバラなのもよかったし、1人が同時代の作家の作品を挙げてくれてこの展覧会の全体像にふれることもできました。示し合わせたわけでもないのにこういうのが起こるのはすごい!

2人は絵を描く人(でも油絵とデザインなのと個性とで観方が全然違う)で、1人は宗教学の素養があり青い家に行かれたこともあるフリーダ・カーロ好き。それぞれの感性が交差してエキサイティングでした。

わたし含め、参加した方それぞれのもつ素地・素養が存分に発揮されながら、今この場でやり取りされる中で影響し合い、更新されていくものもお互いに感じられて、有意義だったという感触が残っている(皆さんにとってもそうであることを願う)。もっと時間をかけることもできるかもしれないけど、選択と集中、こういう鑑賞もいいのではないかしら。とはいえ、各自の鑑賞時間はもう少し長めにできればよかったかもなぁという反省も。

 

当日ならチケットにスタンプを押してもらえれば再入場可能なので、あーだこーだが終わった後にもう一度行かれた方もいて、みんなで話した後だからこそ発見したこともあったみたいで、よかったです。「行きたいと思いつつ、いろんな理由で躊躇していたところ、機会をもうけてくださっただけでもありがたい」とも言っていただけて、それもうれしかった。


あーだこーだの会やりませんかと声をかけてくれて、一緒に企画を進めていた相方さんが、お子さんの熱で急遽お休みになっちゃってとても残念でした。リベンジしたい。

 

*参考図書*

「メキシコの美の巨星たち その多彩でユニークな世界」野谷文昭編著(東京堂出版)

f:id:hitotobi:20171203205133j:plain

 

f:id:hitotobi:20171117222702j:plain

f:id:hitotobi:20171117222838j:plain

f:id:hitotobi:20171117222755j:plain

f:id:hitotobi:20171117222621j:plain

f:id:hitotobi:20171117222239j:plain

f:id:hitotobi:20171117222450j:plain

f:id:hitotobi:20171117222520j:plain

f:id:hitotobi:20171117222324j:plain