ヒトトビ〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する場づくりを通して考えることなど。

上小阿仁村での芸術祭鑑賞ツアーのレポート(UNLEASH)

f:id:hitotobi:20171206105857j:plain

 

今年の夏に秋田・上小阿仁村で行った鑑賞ツアーのレポートを、オンライン情報誌『UNLEASH(アンリーシュ)』に寄稿しました。

 

 

 

unleash.tokyo

 

わたしとしてはアサインされて行く、はじめての遠方での場づくりのお仕事でした。

わたしを含むハバタクのチームメンバー4人が企画運営の経験が豊かだったことや、各自多忙な中でも、個性を発揮しつつ補完しあうよいチームワークを発揮しながら取り組めたことも、とてもよかったです。

 

体験したことが抱えきれないほど大きかったので、そのままでは文章にできず、一旦録音しながら友人に話を聞いてもらった後、自分でテープ起こしをしてから書きました。

 

わたしたちはあそこで何をしてきたのか。

鑑賞とはなにか。

非日常でひっつかんで日常で確かめてみるとはどういうことか。

上小阿仁村の土地と人々と擦れ合うことによって、大いに感じ考えた3日間でした。

 

一人ひとりの内側で起こっている動きがあり、揺られることも安心して取り組める場。

表現や創作を真ん中に置くことで、やはりできる、という確信を持ちました。

 

またこのようなツアー要素のある鑑賞プログラムのお仕事をしたいです。

一人ひとりの体験(内観、表現、共有、交流、つながり)を意図して場をつくります。

お問い合わせはこちら

 

 

f:id:hitotobi:20171206112152j:plain

f:id:hitotobi:20171206112630j:plain

 

f:id:hitotobi:20171206112732j:plain

f:id:hitotobi:20171206112559j:plain

f:id:hitotobi:20171206112841j:plain