ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する場づくりを通して考えることなど。

ひらきます:「ちはやふる」から学ぶ百人一首と競技かるた@杉並区

今年に入り、せいこ講師の「百人一首と競技かるた講座」をさまざまなところで開催させていただきました。

 

中央区女性センター「ブーケ21」

ひらきました!:講座「ようこそ!百人一首と競技かるたの世界へ」 - ひととび〜人と美の表現活動研究室

・アカシデカフェ

はじめての競技かるた@アカシデカフェ、ひらきました - ひととび〜人と美の表現活動研究室

・夏休みの宿題対策個人授業

楽しい百人一首の個人授業をはじめました - ひととび〜人と美の表現活動研究室

 

 

そして今回、競技かるたの先輩からお声がけいただき、杉並区の男女平等推進センターの講座として、開くことになりました!

http://www.city.suginami.tokyo.jp/event/kuminseikatsu/kanri/1042757.html

 

 

杉並区の区報、おしゃれ...!

f:id:hitotobi:20180905203924j:plain

 

ブログでお知らせするのが遅くて、気づいたらきのう締め切りでした。ごめんなさい。

でもちょっとこれについて書きたい。

(追記:託児がなければまだお申し込みいただけます!)

 

 

今回は、

マンガから学ぶ「女性の働き方と両立支援」
〜「ちはやふる」から学ぶ「百人一首と競技かるた」

というなんともわくわく震えるテーマをいただいています。

 

女性であること・女性性・女性として生きることの、時間や空間を超えたところでの相違や共通をどうとらえるか、ということかなぁと受け取っております。

 

とはいえ、わたしには国文学、社会学、女性学...等々のアカデミックなバックグラウンドはありません。学問的にコンセンサスの取れた間違いない話をするというよりは、一人の百人一首と競技かるたが好きな女性として、個人的に調べたり学んだりしてきたことの中から、みんなとシェアしたらきっとおもしろいんじゃないかということを持っていくので、それをもとにみんなでわいわいと楽しい時間を過ごせたらと思います。

 

 

 

しかも今回の講座がすごいのは、杉並かるた会所属のA級とB級の現役選手が3名いらして、和装でデモンストレーションをしてくださることなんですよ!!!

ああ、ほんともっと早く言えって感じですね。。ほんとうにすみません。

 

 

これが無料の区民講座でいいのかという豪華さ!

「これぞ競技かるたのイメージ!」という画が目の前で展開されます。

 

 

参考画像です。...美しい...はぁ...。

f:id:hitotobi:20180928101836j:plain

平成28年度 新春 百人一首 子供かるた会-じゃんけんぽん からお借りしました。

 

 

デモを見てもらったあとは、参加される皆さんにも実戦していただきます。

百人一首にふれるのがはじめての方も、競技かるたがはじめての方も、腕に覚えのある方もいらっしゃるようですが、レベルを合わせたり、選手の方々と皆さんでサポートしますので、楽しんでいただきたいです。(いや、ぜったい楽しいよ!)

 

 

他の時間や空間や次元に生きている(いた)人たちとのつながりを感じながら、今、その場で動いてしゃべって、感情や心を動かし、生きて命の火を揺らしている人間との関わりがおもしろいなぁ...という実感を持ちながら、場をひらき、進めていこうと思います。

 

 

進め方は、ざっくりこんな感じで考えてます。

 

〔レクチャー〕

百人一首のつくり、「女房」として働く女性たち、和歌の鑑賞、ちはやふる百人一首など

 ↓

〔デモンストレーション〕

競技かるたのルールや取り方を知る

 ↓

〔実戦〕

競技かるたの個人戦をやってみる

 

 

 

さてさて、120分の中でみんなでどこまでいけるかな?

終わったときにどんな景色が見えるかな?

 

楽しみです!