ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

インゲヤード・ローマン展がよかった話

下半期もいろいろつくってきたので、またモノがもりもりと増えました。年末でもありますし、掃除・片付けをゆるゆるとやっているのですが、ここでモチベーションをさらにぐぐっと高めるには、やはり美しいものを見て、作り手の美学にふれるのが一番良かろうと、会期終了間際に滑り込んできました。

 

 

インゲヤード・ローマン展

東京国立近代美術館工芸館で12/9までです。(あした!)


f:id:hitotobi:20181208141848j:image


f:id:hitotobi:20181208141908j:image

 

工芸館ってとこがいいよなぁ〜 

建物にうっとりです。

 

 

インゲヤード・ローマンは、ガラス食器や陶磁器のデザイナーで、一点ものの作家ものを目指す人ではなく、量産品をデザインする人。スウェーデンの人。

 

黒一色のファッションに、シルバーグレーの長い髪を後ろで一つに束ね、いでたちもまたシンプル。でも、話すときの口調や仕草は穏やかで朗らかで、目がきらきらとしてエネルギッシュ。ほうぼうに置かれた映像展示にじっと見入ってしまいました。そして、自宅もアトリエもその作品そのままに、びっくりするほどシンプル…!

 

繊細なフォルムと精緻なライン。デザイナーと職人がきりきりと技を磨いで作り出したガラスや陶器が、窓から入ってくる夕方の光に包まれて、そしてそれを真剣な眼差しで見つめる鑑賞者の人びとがいて、その光景はもう、たとえようもないほど美しかったです。いいものを見た。

 


f:id:hitotobi:20181208142230j:image


f:id:hitotobi:20181208142307j:image


f:id:hitotobi:20181208142330j:image


f:id:hitotobi:20181208142605j:image

 

 

窓の向こうに立派な銀杏の木。

f:id:hitotobi:20181208143207j:plain


 

 

印象深い言葉をいくつか。

 

素材本来の美しさを生かす、普段の生活で使える、長期にわたって生産される、多目的に使える

 

わたしにはよくあることなのですが、嫌いなものから何か別のものが生まれてくるのです。問題の根本は技法や素材ではなく、挑戦しないわたしにある、とわかるようになりました。醜いものから美しいものを生み出そうとする挑戦です。

 

ガラスや陶芸だけでなく、どんな仕事も自分自身を起点に置きます。私自身のニーズがデザインのはじまりです。

 

光が水を一面に照らす光景は、どんな天気でも、どんな時間帯でも美しいものです。

 

多くの方から「何かお願いします」という依頼の連絡を受けます。でもコラボレーションをするには特別な理由が必要です。

 

 

 

「インゲヤード・ローマン」展、簡潔な器ににじむ感性

casabrutus.com

 

 


f:id:hitotobi:20181208142939j:image

f:id:hitotobi:20181208142430j:image


f:id:hitotobi:20181208142448j:image

 

 

外に出ると世界が美しく見えて、玄関脇の傘立てに目が留まった。
f:id:hitotobi:20181208142504j:image

 

 

工芸館に行くと、美術館のコレクション展のチケットももらえるので、久しぶりにのぞいてきました。愛が漏れ出ているキャプションと、どの部屋にも椅子がたくさん置いてある、この「まぁ座ってぼーっとゆっくり見ていけば?」と言いたげな設営が好きです。

相変わらず豪華な常設展で、切り取り方も新鮮で、また新しいことを教えてもらいました。

 

f:id:hitotobi:20181208142735j:plain


f:id:hitotobi:20181208142725j:image


f:id:hitotobi:20181208142751j:image


f:id:hitotobi:20181208142811j:image


f:id:hitotobi:20181208142827j:image


f:id:hitotobi:20181208142908j:image


f:id:hitotobi:20181208142851j:image

 

 

北の丸公園は銀杏がきれいでした。


f:id:hitotobi:20181208141601j:image