ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

森絵都「みかづき」を読んだ

f:id:hitotobi:20190406235043j:image

 

長い知り合いが熱くおすすめしていて読んだ本。

長い知り合いっていうのもうまく言い得ていない気がするけど、8年前にお会いしたきりで、友だちというほどにはよく知らない方。しかし何年もSNS上でやり取りしてきて、お互いの核・本質のところを見せ合ったりしているものだから、単に知人と言ってしまう「よそよそしさ」もなんか違う...。ということで、「長い知り合い」。

 

 

おすすめされていた文章にぐっときて、読んでみようと思った。

bookmeter.com

 

わたしが生まれ育ったのは関西なので、千葉あるいは首都圏の教育事情はよくわからない。地名も固有名詞もいまひとつピンとこないが、そこにとらわれることなく、この国の教育として、世代ごとの教育事情を時系列で追っていく物語の流れに飛び込めて、夢中でページを繰った。

 

そのとき、そのときで、親(保護者)も子も、そして教育現場も、翻弄され続けてきたんだなぁ…とまず思った。その時代の国の政治、経済、社会の情勢など、さまざまな要素が絡み合うの中での教育。「多数派」や「正しさ」に翻弄されながら、自分の信念を持ち、行動する様々な登場人物たちのリアリティがすごい。

 

戦後から今までの日本の歴史を「塾」で串刺してみたからこそ見えた世界、という感じ。

 

この国で教育を受けてきたわたし。「そうか、こういう文脈の中でのわたしの小学校時代、中学校時代、高校時代だったのか...」と、アカデミックな教育論やルポルタージュとも違う小説ならではのアプローチに、憑き物が落ちるような、晴れやかな気持ちになる。

 

わたしだけの憑き物というよりも、時代の傷を物語で癒しているようなふうにも感じられた。

 

「自分はこのような状況の中でどうしていこうか、この社会をどう泳いでいこうか、何を軸に決断していこうか、子に何を手渡してゆこうか」と問いを向けることが、ルポルタージュなど、ノンフィクションのものではよく感じるのだが、小説でそう思わされることは珍しい。

それはわたしが親となって子を育てる、今まさに教育を考えている最中だから。

それも実在の人物だったら呑み込みづらいことも、架空の人物の人生を追い、感情を擬似体験できる物語だからこそ可能になる。

 

物語の力を再発見する体験でもあった。

読めてよかった。

 

 

直後のツイート。

 

 

 

 

話を聞いてみると、この壮大な物語を、どのようにドラマ作品として成り立たせたかの工夫が見えて、おもしろそうであった。本質の受け取り方のルートの違い。

再放送ないかなぁ。