ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

《レポート》12/27『ディリリとパリの時間旅行』でゆるっと話そう

遅くなりましたが、『ディリリとパリの時間旅行』でゆるっと話そうのレポートです。

 

f:id:hitotobi:20200114201704j:plain

 

暮れもおしせまった12/27(金)の夕方。

直前に新聞に映画の紹介が載ったこともあってか、劇場は満席となりました。めでたい。

ゆるっと話そうのほうには、まだ観ていない方2名も含め、10名がご参加くださいました。

 

ほとんどの方が直前の回を見終わって、2階のゆるっとの会場にいらっしゃるのですが、どなたも「ああ、いい映画だった〜♡」というお顔で、うれしくなります。

 

パリやヨーロッパの文化が好きな方

美術や音楽や文学が好きな方、

ミシェル・オスロ監督の作品が好きな方、

鑑賞対話の場づくりに関心がある方、

音声ガイドを担当された方など、いろいろな方と円座を組んでお話しました。

 

今回の進め方

・まずはお隣の方と2人でペアになり、話す人・聴く人に分かれてお互いに5分ずつ、観た感想を話してもらいました。観ていない方は、どんなイメージを持っているか、どうして観たいと思ったか・興味を持っている点について話してもらいました。
・その後、「2人で話していて印象に残ったこと」を全体にシェアしてもらいました。

・そのシェアを聴いてまた思ったこと、気づいたこと、話題には出ていないけれどふれておきたい箇所や視点について話しました。

 

f:id:hitotobi:20191228212550j:plain

 
わたしが今回のトークで印象に残っているのはこんなこと。
・パリ、フランスの誇りを感じた。一つの文化や時代をつくった「怪物たち」がこれでもかと登場する。あれはフランスの人たちを鼓舞する効果もあるのではないか。
・パリのまちがとにかく美しい。DVDが出たらほしくなった。(出てます!→
・途中怖いことも苦しいことも起こる。実際に現代のフランスや世界が直面している課題(女性差別、人種差別、貧困、暴力など)も多々出てくるが、最後には希望をみせてくれるところがよかった。
・アニメーションだから直視できた。
・フランス語の美しさにうっとりした。
 
観ていない方は、みんなの話を聴いて絶対観たくなった、
観た方は、みんなと話して、もう一回観たくなった、とのこと!
 
いいですねぇ^^
 
わたしはゆるっと話そうをひらくにあたって、2回目を観て、さらにオスロ監督の前作『アズールとアスマール』も観たのですが、こちらも素晴らしい作品でした。国籍、人種、移民、性、身体的特徴による差別や文化の軋轢など、深いテーマを扱いつつ、愛と美と光にあふれていました。おすすめです。
 

f:id:hitotobi:20200114203341j:plain

 
ご参加くださった方、ご関心をお寄せくださった方、ありがとうございました。
 
・・・・・
 
上映会、鑑賞対話の場づくり、ご相談ください。
プログラムの設計、対象者の設定、会場検討、プログラムの内容、目的、ファシリテーション計画など、鑑賞対話ファシリテーターとディスカッションしながら組み立てていきます。
・主催者としてファシリテーションをご依頼くださる場合は、概要をお知らせください。
・ご自身の企画やファシリテーションのご相談は、対面またはZoomでセッションいたします。30分・60分の枠がございます。
 
コンタクトフォームよりお問い合わせください。 https://seikofunanokawa.com/