ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

映画館を愛する人たちと、『世界一と言われた映画館』を観る

シネマ・チュプキ・タバタに「世界一と言われた映画館」を観に行きました。

sekaiichi-eigakan.com

 

f:id:hitotobi:20190920165632j:plain

 

実はこの映画にはそれほど興味はなくて(ごめんなさい!)

館長の平塚さんの著書「夢のユニバーサルシアター」の出版記念トークイベントがあって、そちらに参加しようと思って行ったんです。

 

...が、いい意味で裏切られました。映画、とてもよかった!!

 

 

山形県酒田市にあった伝説の映画館、グリーンハウス。

「西の堺、東の酒田」と呼ばれたほど賑わっていた、港町の文化の中心的存在だったそう。

わたしが生まれたのと同じ年(昭和51年)に大火事で消失し、火の元だった責任をとって、再オープンすることはなかったとのこと。

40年以上になくなってしまった映画館の記憶が、人と人をつないで、素晴らしいドキュメンタリー映画に仕上がっています。

 

モノクロフィルムで撮影された当時の館内の様子にグッとくる。
人々が生き生きと映画や音楽やダンスを楽しんでいた時代。

ゆかりのある人たち一人ひとりの丁寧なインタビューは、インタビュアーとの関係が良いのだろうなぁと自然に思える、聞き入ってしまうインタビュー。

グリーンハウスというテーマを通してその人の人生、存在が見えてくるし、
その人の語りを通してグリーンハウスを味わえます。

 

とはいえ、グリーンハウスが火元だったわけだから、まちが立ち直る過程には、辛い部分もきっとたくさんあっただろうなとも想像します。

 

グリーンハウスを「世界一」と呼んだのは淀川長治さん。久しぶりにお名前を拝見しました。

大杉漣さんのナレーションは、昨年亡くなったばかりでまだ実感がなく、もういらっしゃらないんだと思えて切ない。

そういえば、この映画、封切りが(この言い方も時代を感じるか...)2019年1月、有楽町スバル座

そして、スバル座は2019年10年で閉館。わぁああ......この流れ...。

 

 

▼暗闇で絵を描くのがうまくなってきた。なんとなく雰囲気伝わりますかね。。

f:id:hitotobi:20190920161940j:plain

 

 

 

上映後のトークイベントではシネマ・チュプキ・タバタの平塚さん、和田さんと、藤沢でシネコヤを営む竹中さんが、お互いの映画館づくりの歩みを惜しみなくシェアしてくれて、終始笑顔の時間でした。

映画を愛する人たちが共有するスピリットが感じられて、温かい気持ちになりました。

 

わたしも映画館で3年弱働いていたことがあり、そのうちの半年ぐらいは映写もしていたので、グリーンハウスの映画中も、他人事じゃない感じで聴いていました。

 

今気づいたけれども、シネコヤは「映画と本とパンの店」......「お店」なんですね!!

 

先日配信したラジオで、チュプキさんがどんな映画館なのかの話をしましたが、

note.mu

その中でもやはり、「お店みたいな映画館」という話をしました。

席数が少ないからというのもあるけれど、人とのつながり、まちとのつながり感じさせる映画館は、やっぱりお店なんだと思うなぁ。

 

そして「商い」のお話もたくさん聞きました。

映画館をつくりたい人にとっては貴重な話ばかり。

物件との出会い、作品の選定、配給会社との関係、「らしさ」「大切にしているもの」とは、料金システム、
こういうのが聞けるのがライブのいいところ。

 

「開店したら3年は我慢だよ」からの話題は、開業して2年目のわたしには響きまくりでした。2年目、いろんな意味できついですよね、やっぱり.......^^;

 

人がそのまちで日々楽しく暮らしていくことの中に、まちに文化施設があることも、やはり外せないのだと思う。まちの人が一緒に育んでいく。それが、「やらなくちゃ」より「うちもやりたい、やってみたい」っていうふうに、自然にできていくのが幸せなことなんだなぁ...という話だった。

 

竹中さん、平塚さんの「見切り発車」や「ないならつくっちゃえ」感がすてきだった。その豪胆さが、わたしにも少し上陸してくれているといいなぁ。

 

そういえば、最後に客席から感想を伝えられていた方の話に鳥肌が立った。

どうしてこの映画を観に来たのか、どんな人生の物語がこの映画とリンクしてあるのか、の話。

聴かせていただけてありがたかった。

「おっさんずラブは二度観るべし」でも書いたけど、やっぱり映画って人の人生を豊かにするし、映画館があることで日々が楽しくなったり、救われたりする。

こうして交流の場があることも、やっぱりいいし。

 

映画館はまちに必要!社会のインフラ!

 

 

いい時間を、ありがとうございました!

 

 

f:id:hitotobi:20190920162241j:plain

 

 

今後のイベント

▼2019年9月23日(月•祝) 秋分のコラージュの会 残席1
https://collageshubun2019.peatix.com/ (国分寺

▼2019年9月28日(土) あのころの《いじめ》と《わたし》に会いに行く読書会 満席
https://coubic.com/uminoie/979560 

▼2019年10月1日(火) 爽やかな集中感 競技かるた体験会
https://coubic.com/uminoie/174356


 

鑑賞対話の場づくりコーディネーション・ファシリテーション

・<法人><団体>教育普及、広報宣伝などを担当されている方向け。
・映画、展覧会、書籍、舞台芸術など、鑑賞対話の場づくりのご依頼をお待ちしております。
・鑑賞者同士で話す場、専門家と非専門家が知を交換する場。お互いを尊重し、補完する対等性のある場。知の交流と学びの楽しさを集う人一人ひとりが感じる場です。
・企画・設計・ファシリテーション・集客サポート・レポートを担当します。
・参加者5名から100名程度まで。

お問い合わせはこちら


場づくりコンサルティング・個人セッション
・<個人><グループ>
・Zoom または 東京都内で対面
・30分¥5,400、60分 ¥10,800(税込)
・読書会、勉強会、体験ツアーなどのイベントや講座。
・好きなもの・ことを共有する・考える・創る機会づくり
・企画・設計・進行・宣伝のご相談のります。
・募集文の添削やフィードバック、ふりかえりの壁打ち相手にもどうぞ
お問い合わせはこちら

 

連載
『場づくりを成功させるための5つの鍵』(寺子屋学)https://terakoyagaku.net/group/bazukuri/