ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

映画『ヤンヤン 夏の思い出』鑑賞記録

久しぶりに観た。何年か前にDVDを買ってずっと持っていた。

やっぱりいい。すごくいい。
まったく輝きが褪せない。
 

f:id:hitotobi:20201109160043j:image
 
 
観たことのない人にどういう映画と言ったらいいのか……。
エドワード・ヤンの魔法にかかっているとしか、言いようがない。

ある人にとっては、たぶん恐ろしくつまらない。
ある人にとっては、忘れられない宝物。
 
エドワード・ヤンの『牯嶺街少年殺人事件』『エドワード・ヤンの恋愛時代』『カップルズ』は、わたしの学生時代の風景に不可欠な存在。
80年代〜90年代の台湾の中に、普遍的な人間の孤独や愛や不在を描いていて、どれも忘れがたい作品。
2015年には『恐怖分子』、2017年には『台北ストーリー』をリバイバル上映で観た。