ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

METLV『仮面舞踏会』鑑賞記録

2020年8月。

METライブビューイングのアンコール上映で、ヴェルディの「仮面舞踏会」を観てきた。2012-13シーズンの公演から。


f:id:hitotobi:20201109165711j:image

演劇の構成的にも音楽的にも、とても凝っていて盛りだくさんで、美しくて。

とても満足した。

 

悲喜劇。
可笑しみと、切なさと、勇猛さが同時にある。この複雑さが今の時代に合う。
人間ってこうだよね。

王様という立場にしても、ある人から見ればよい王様で、また別の人から見ればそうではない。

3人の間にある愛はそれぞれほんものなんだけど、掛け違いから悲劇が起きてしまう。何が起こるかはわかっているのに、そこに至るまでのドラマが深く重みがある。

人生経験を重ねた大人のためのオペラ。

占い師のウルリケが最高。

とにかく良い。

ヴェルディの作品の中で、たぶんあまり目立たない位置にいると思われるけれど、隠れた名作というか、今こそ観る時代なのかもと思う。

 

再演を期待。