ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

映画『ホモ・サピエンスの涙』鑑賞記録

公開を楽しみにしていた『ホモ・サピエンスの涙』観てきた。

スウェーデンの映画監督、ロイ・アンダーソンの作品。

www.bitters.co.jp

 

第76回(2019年)ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞(最優秀監督賞)受賞作品。

www.cinematoday.jp

 

 

不思議で美しい映画。

写真集や画集を一枚一枚めくっているみたい。


グレーのフィルターがかかったような、ペールトーンな画面。

曇天の日に観るのにぴったりだった。

 

76分と短いので、隙間時間に観れちゃう。


f:id:hitotobi:20201125193112j:image

 

 

淡々と一定の距離にカメラを置いて、ただ人びとを見つめるだけ。

 

暗転はゆっくりとした瞬きのよう。
目を瞑り、開けるとまた違う場所、違う人たちがいる。
ナレーションのような、モノローグのような声。

これは天使の視点?

 

人類の誰かに起こるある瞬間。
その中にはわたしもいる。
何かに問題を抱えている人、救いを求めている人、迷う人、絶望する人、感情を無くした人、33の物語。

物哀しい瞬間と、ときどきの希望のようなものと。
まるで2020年の世界的な感染症流行を予見していたかのようにも思える。

雪の降る日のバーの物語がとても印象深い。季節柄、時節柄。

同監督の『散歩する惑星』『さよなら人類』がアマゾンプライムにあったので、近々観る。

 

ヒューマントラストシネマ、良いラインナップですね。『ウルフウォーカー』は、まだ感想書けてないけど、めちゃくちゃよかったです。ぜひ観てほしい。

f:id:hitotobi:20201125193320j:image