ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

NTライブ『フリーバッグ』鑑賞記録

NTLiveのアンコール上映『フリーバッグ』が今年の劇場初め。

 

もともと舞台が大きな話題になって、そこからアマゾンでドラマ化され、シーズン2まで放映された。今回のNTライブで映っている公演はそのドラマ化も終わってからの、凱旋公演のようなもの。

 


前日までにアマゾンプライムでドラマ版を一気に観て、あれこれ記事やレビューも漁って楽しみにしていた。ドラマがとにかくすごく良かった。「女の話」のイメージが強いけれど、「男の話」でもあって。すごく「今」なお話。

そのドラマの基になった舞台版はどんなだろう?基本は1stシーズンのプロットに沿っているけれど、ドラマにはない登場人物もいるらしい。

わくわくしながら、劇場へ向かった。

 

f:id:hitotobi:20210217214157j:plain

 

観終わって、もーう、めちゃくちゃよかった!

フィービー・ウォーラー=ブリッジの才能に乾杯!

ドラマを観ていなくても楽しめる。観たあとドラマを観てもすごく楽しめる。

 

フリーバッグは、可哀想、逞しい、嗤ってもいい奴、いやそのどれでもない。

名前も出てこない、でも、ただその人として生きて、語っている姿。

好き!大好き!

表面的な説明(性に奔放、下品でクズ等々)ではちょっと収まらない奥深さがある。

「これってわたしの話じゃない?」と思う人がいるの、わかる。

 

彼女は自分がどう観られているか知ってる。

いつも少し行き過ぎるだけ。

期待には応えられないだけ。

頭の中のことを口に出しちゃうとか、空気が読めないとか、"親切"すぎるとか。

それで怒られたり、距離を置かれたり、軽く扱われたり。

でも悪気は1ミリもない。

なにより、自分に嘘をつかない人。

清々しい。チャーミング!

 

欲望されることで自分の価値を確認するのは、深く傷ついているから。

口に出さないだけで、多かれ少なかれ、誰にでもそんな面があるんじゃないの?

 

フリーバッグの周りの人も、みんなどこかヤバい。
一見完璧に見える人も、そう大して変わらない。

みんなろくでもなくて愛おしい人間(わたしもまた)。

近くにいたら勘弁してよってなることもあるかも?

でもこうやって演劇を通すと、理解も共感もできるし、謎の慈愛も湧く。

 

そんな話を、一緒に行った友達2人とあーだこーだとしまくった。

何かを観て話題が尽きないのって、ほんと幸せ。

 

これからも、わたしの内なるフリーバッグと仲良くしたい。

 

 

この記事がおもしろかった。

doors.nikkei.com

 

舞台の公演スタイルについて。勉強になる。どちらも連続ツイート。

 

 

 

www.cinra.net

 

次作が楽しみ。 

 

__________________________________

鑑賞対話イベントをひらいて、作品、施設、コミュニティのファンや仲間をふやしませんか?ファシリテーターのお仕事依頼,場づくり相談を承っております。

seikofunanokawa.com

初の著書(共著)発売中!