ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

舞踏「イスラエル・ガルバン|春の祭典」@愛知県芸術劇場 鑑賞記録

近頃、まとまったブログを書く気力がなく、方々にメモしたものを寄せ集めただけになっているが、それでもなんとか記録をとっておこうと思う。

___

 

名古屋芸術劇場でイスラエル・ガルバンの「春の祭典」を観た。

danceconcert.jp

 

 

イスラエル・ガルバンって誰?という方に。わたしも知らなかったので、これを読んで予習した。

balletchannel.jp

 

直前まで諦めていたのだが、 神奈川公演を観に行った友人の話を聞いていたら、どうしても興味が出てきてしまった。

あれ?名古屋公演に行けばいいんじゃないか?と気づいて、衝動でチケットを取ってしまった。「行くならぜひ予習して」とパンフレットを郵送して読ませてくれたりもして、ほんと観劇仲間ってありがたい。

 

 

f:id:hitotobi:20210727145255j:plain

 

思い浮かんだ言葉。 

慎重、逸脱、流れ、確認、反復、心の赴くままに、突然に、おもしろがって、衝動的に、運命的に、確信、挑戦、発見、固執、選択、離脱、安定、複雑、不調和、和而不同、独立、自由。

 

 

祝祭、叶ったことのお祝いは大事だなと思う。

とはいえ、「自分で自分を祝う」というシンプルなことさえも難しいときもある。

そんなときは、他の人間の表現や、作品の力を借りるといいんだと、この公演で思った。

 

ちなみに今回の名古屋行きでは、著書を出してくださっている出版社の担当さんにお会いできたり、書店営業でびっくりするような偶然があった。

note.com

 

一つの公演がつくり出す磁場ってつくづくすごい。

 

 

natalie.mu

natalie.mu

 

f:id:hitotobi:20210727151712j:plain

 

f:id:hitotobi:20210727151545j:plain

 

f:id:hitotobi:20210727151639j:plain