ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

映画『偶然と想像』@ル・シネマ 鑑賞記録

Bunkamura ル・シネマで映画『偶然と想像』を観た記録。

guzen-sozo.incline.life

 

youtu.be

 

評判通り、非常によかった!

 

『ドライブ・マイ・カー』、『寝ても覚めても』、『不気味なものの肌に触れる』と観てきて、濱口作品めっちゃおもしろいがちょっとしんどいとこある。持ってかれる感じあると思っていて、正直警戒して、すぐには飛びつかず、見た人の反応などをチラチラ見ていた。特に、『寝ても覚めても』がキツかった。

今回はそのあたりの緊張がいい感じにとけていて、安心して観られた。

外からは見えない、一対一の親密な関係の中での、ギリギリとした深いところのやり取りはありつつ、行きすぎない。踏みとどまる登場人物たち。これは新しい。

それで何かが薄れたりもしない。生きることは、「きれいだけどきたない」「きたないけどきれい」は変わらず、でも「現実を生きていくにはこれが必要だよね」をやってくれる。

想像を使って踏みとどまる。
偶然に力を得て勇気を発揮する。

第三の選択の模索が新鮮。

知るよしもない他人の人生を覗き見る。1話目の冒頭に現れる「あの第三者」の立ち位置で、狭い空間の中で立ち聞きしてる感覚で、観客は最後まで乗せられていく。
これが実に気持ちいい!

 

何人か、あの人に似てる!私かも!という人も思い浮かんだり。
会ったことはないのに、いかにもいそう!と思う人ばかりで。

 

会話劇で、ただただ人がしゃべっているのを聞くから、声の良い人が選ばれているのかな。耳が心地よかった。

 

この日は三連休の最終日で、満席だったので、みんなで一斉にどっと笑うのも一体感があった。映画館ならではの体験。そう、笑いが随所にある。深刻な場面もどこか可笑しい。エンディングも幸せだったし。よい後味でした。

 

演劇と映画の融合というか、なんにせよ新しい手法をさらに確立している。

客観的で冷静な観察眼を持ちつつ、人間を愛おしく描く。すごいなぁ、間違いなく、世界の映画史に名を刻む方ですね、濱口監督は。

 

女友達と二人で観に行ったので、雰囲気満点!「偶然と想像ごっこ」してみたりして。

いつものようにお茶しながら1時間がっつり感想を話しました。


ドゥ・マゴのホットチョコレート。マシュマロ入っていた。

f:id:hitotobi:20220112193817j:image

 

▼ パンフレット、気合入ってます。過去作品の解説がついているのもありがたい。
f:id:hitotobi:20220112093313j:image

 

英題は、"Wheel of Fortune and Fantasy" 

海外の人はどんなふうに観たのかしら、といくつかレビューサイトを見てみたら、多くは絶賛!「濱口がまたやってくれた!」「心の深いところが反応した」とか。

もちろんイマイチだった人もいるようで、実はこちらのコメントがおもしろい。「1話がもう全然受け付けなくて残りは見なかった」とか、「1話目、2話目は退屈だったけど、3話目はめっちゃおもしろかった」とか。

 

 

▼舞台挨拶。こぼれ話がいっぱいでよかった!

youtu.be

 

▼映画監督の想田和弘さんの一連のツイート、そう、これ!!

 

▼この記事もよかった。濱口作品をいろんな人が語るのを聞くのもおもしろい。

eiga.com

 

▼後半の質疑応答で話されていたこと。「観ると作る」「取り返しのつかないこと」について、おもしろかった。ハワード・ジョーンズも観てみたいなぁ。このイベントに参加できた人、うらやましい。

youtu.be

 

 

_________________________________🖋

鑑賞対話イベントをひらいて、作品、施設、コミュニティのファンや仲間をふやしませんか?ファシリテーターのお仕事依頼,場づくり相談を承っております。

 

 2020年12月著書(共著)を出版しました。
『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』(三恵社