ひととび〜人と美の表現活動研究室

観ることの記録。作品が社会に与える影響、観ることが個人の人生に与える影響について考えています。

本『たけくらべ(若い人の絵本)』読書記録

たけくらべ(若い人の絵本)』樋口一葉/著, 岩崎ちひろ/画(童心社, 1971年)

 

この記事を書いているときに知った絵本。

hitotobi.hatenadiary.jp

 

いわさきちひろの挿画、やはりよかった。
いろいろ本や絵で表現されているけど、一葉が今見たら一番気に入るのはこれじゃないかな。

欲を言えば、1971年初版の本なので、今の時代に合わせた解説文を添えて、改訂新版出してほしい。

 

毎晩少しずつ音読してみた。
目で追っていただけではわからなかった細かなディテールが立ち上がるようになって驚いている。現代語訳もあるのだけど、あえてここは原文をたどってみる。

もともとは和歌の人だから、音で一番美しいように物語を描いていたのかもしれない。

夏子さん、127年後の人間もあなたの文学を愛していますよ!


f:id:hitotobi:20220209171735j:image

 

 

_________________________________🖋

鑑賞対話イベントをひらいて、作品、施設、コミュニティのファンや仲間をふやしませんか?ファシリテーターのお仕事依頼,場づくり相談を承っております。

 

2020年12月著書(共著)を出版しました。
『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』(三恵社