ひととび〜人と美の表現活動研究室

観ることの記録。作品が社会に与える影響、観ることが個人の人生に与える影響について考えています。

新作《観ること》をリリースしました

《観ること》

f:id:hitotobi:20221010152841j:image
_____
“もっと世界と受け取り合い、もっと世界と親密になっていいんだよ”
手の中でめくるたびに声がする。呼びかけに応えたくなる。
鑑賞対話ファシリテーターの舟之川聖子が、自らのライフワークを「観ること」と名づけ、本のかたちにまとめた図録作品。
私的な経験を綴ったエッセイのように見える文章は、自己を質的に社会調査して記述するオートエスノグラフィー的な装置。
読者が自らの世界との結びつきをrecall(呼び起こす)できるよう、さまざまな仕掛けが施されている。
_____
[目次]
 身体を知る
 出会いなおす
 仕事をつくる
 ルーツを辿る
 人間と生きる
[編集]
 舟之川聖子・布留川真紀(ぐるり舎)
[デザイン]
 布留川真紀(ぐるり舎)
[表紙・目次装画]
 中尾久美 
 http://nakaokumi.com/
  B6, 158 page
 

_____
 
お求めはネットストア hitotobi lab. にて