ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

2020-02-26から1日間の記事一覧

映画『獄友』鑑賞記録

映画『獄友』を観た。「ごくとも」と読む。 http://www.gokutomo-movie.com/ やってないのに、殺人犯。 人生のほとんどを 獄中で過ごした男たち。 彼らは言う 「不運だったけど、不幸ではない」。 『SAYAMA みえない手錠をはずすまで』『袴田巌 夢の間の世の…

書籍『妊娠小説』『紅一点論』

わたしがフェミニズムにはじめて出会ったのがこの2冊だった。 斎藤美奈子著 『妊娠小説』(1997) 『紅一点論―アニメ・特撮・伝記のヒロイン像』 (2001) どちらも高校生か大学生のときに、友人から勧められたものだ。 読んで仰天した。 言われてみれば。 …