ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

お知らせ

contact ▶︎▶︎ 募集中のイベント ▼3月28日(土) ゆるっと話そう@シネマ・チュプキ・タバタhttp://chupki.jpn.org/archives/5441 ▼6月21日(日) 2020年・夏至のコラージュの会準備中 鑑賞対話ファシリテーション(法人・団体向け) ・表現物の価値を広めたい、…

書籍『わたしが障害者じゃなくなる日』

シネマ・チュプキ・タバタで『37セカンズ』という映画の感想シェアの場をひらくのに合わせて読んだ本。劇場で参考書籍として販売されていた。 『わたしが障害者じゃなくなる日〜難病で動けなくてもふつうに生きられる世の中のつくりかた』 第一感想としては…

NTLive『リーマン・トリロジー』鑑賞記録

National Theatre Liveの『リーマン・トリロジー』、観てきました! 先日このようにご紹介していた作品です。 hitotobi.hatenadiary.jp 明るい気分にはならないだろうし、観たらいろいろ考えちゃうかもしれない。 今はシリアスすぎるものはけっこうキツイし…

『津田清楓展』@練馬区立美術館 鑑賞記録

津田青楓展に行ってきた。 青楓は"せいふう"と読む。 ▼練馬区立美術館の公式HP 生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和 | 展覧会 | 練馬区立美術館 ▼美術手帖の記事 bijutsutecho.com とてもよかった。津田青楓、なんという縦横無尽な人な…

書籍『OSAMU'S AtoZ 原田治の仕事』

先週末、公園に行ったら人出が戻っているようでした。 感染症が流行しているけれども、春めいてきたら外に出たくなるのが生き物。 予防はできる限りするけれど、備えているけれども、生き物としてわきあがってくる衝動を切り捨てたくない。 とはいえ、まだま…

何度でも出会い直す漫画『CIPHER』

ふと思い立って、漫画『CIPHER』の文庫版、全7巻を買いました。 ▼今新刊で出ているのは愛蔵版。 4年前に自主開催で『CIPHERを語る会』をひらいたり、 hitotobi.hatenadiary.jp LaLaの原画展に行ったり、 hitotobi.hatenadiary.jp ......と、あれこれしていた…

開催します:3/23 爽やかな集中感 百人一首と競技かるた体験会

会場のUmiのいえと相談して、 3月23日(月)の百人一首と競技かるたの会は開催することにしました。 マスク、手洗い、消毒、水分補給、換気などできる限りの感染予防はお互いにする。 体調に少しでも不安があれば欠席していただき、今回に限りキャンセル料は…

《お知らせ》3/28 映画『37セカンズ』でゆるっと話そう

3月のチュプキでの開催が決まりました。 ゆるっと話そうシリーズ第10回 『37セカンズ』 3月28日(土) 19:10〜19:55 シネマ・チュプキ・タバタ(田端) 詳細>>http://chupki.jpn.org/archives/5441 〈ゆるっと話そう〉は、映画を観た人同士が感想を交わし合…

映画『37セカンズ』鑑賞記録

映画『37セカンズ』を観た。 37seconds.jp 3月のシネマ・チュプキ・タバタでの感想対話の会、"ゆるっと話そう"で扱う作品。 「これどうでしょう?」とチュプキさんから提案があったとき、わたしは実はピンと来ていなかった。 チュプキさんの推し理由、公式HP…

『リーマン・トリロジー』が池袋でアンコール上映中

『リーマン・トリロジー』が池袋でアンコール上映中です。 www.ntlive.jp NT Liveとは、英国ナショナルシアターの演劇公演の録画が映画館で観られるというもの。 解説およびインタビュー付きで、より作品に入りやすいです。 ・リーマン ・ショックとはなんだ…

映画『ホドロフスキーのサイコマジック』鑑賞記録

試写で観せてもらいました、待望の『ホドロフスキーのサイコマジック』! www.uplink.co.jp 今ちょうど観終えたところ。 そういう...そういうことだったのかぁ......と満足の溜息が止まらない...。 トレイラーだけ観ているとなんのことかわからず、ほんとう…

漫画『夜明けの図書館』

「大津絵が好き!」という話をnoteで音声配信したら、 note.com 友人が「この漫画に大津絵のことが載ってるよ!」と教えてくれた。 『夜明けの図書館』 なんと、図書館司書さんを主人公にした、レファレンスに光を当てた漫画という。 これはなんとしたこと..…

《レポート》2/11 トークバックでゆるっと話そう@シネマ・チュプキ・タバタ

建国記念の日で祝日の夜。シネマ・チュプキ・タバタで「ゆるっと話そう」をひらきました。 お知らせページ>http://chupki.jpn.org/archives/5288 今回の映画は、『トークバック 沈黙を破る女たち』。 舞台はサンフランシスコ。元受刑者とHIV/AID陽性者が、…

映画『トークバック 沈黙を破る女たち』鑑賞記録

*未見の方の鑑賞行動や感じ方に影響を与える内容です。 映画『トークバック 沈黙を破る女たち』を観た。 www.talkbackoutloud.com ドラッグ、依存症、レイプ、HIV / AIDS、孤立、虐待、貧困、前科、偏見・差別、DV... 人生は必ずやりなおせる!! どんなに…

2020年・秋、東京ステーションギャラリーの大津絵展が楽しみ!

2020年の秋、東京ステーションギャラリーで大津絵の企画展があるそうです。 もうひとつの江戸絵画 大津絵(仮称)会期:2020年9月19日(土)-11月8日(日) www.ejrcf.or.jp うぉ!これはうれしい!! 大津絵って何?という向きには、web和楽のこの記事で予…

映画『獄友』鑑賞記録

映画『獄友』を観た。「ごくとも」と読む。 http://www.gokutomo-movie.com/ やってないのに、殺人犯。 人生のほとんどを 獄中で過ごした男たち。 彼らは言う 「不運だったけど、不幸ではない」。 『SAYAMA みえない手錠をはずすまで』『袴田巌 夢の間の世の…

書籍『妊娠小説』『紅一点論』

わたしがフェミニズムにはじめて出会ったのがこの2冊だった。 斎藤美奈子著 『妊娠小説』(1997) 『紅一点論―アニメ・特撮・伝記のヒロイン像』 (2001) どちらも高校生か大学生のときに、友人から勧められたものだ。 読んで仰天した。 言われてみれば。 …

「ミイラ "永遠の命"を求めて展」鑑賞記録

息子と国立科学博物館の企画展「ミイラ "永遠の命"を求めて展」に行った。 www.tbs.co.jp 金曜日の夜間開館を利用して行って、最初はおもしろく観ていたのだけれども、だんだん怖くなってきて、駆け足で流し見て、最後の写真撮影のブースだけにっこり笑って…

七人の侍〈午前十時の映画祭〉 鑑賞記録

七人の侍(4Kデジタルリマスター版)を観てきた。 asa10.eiga.com 午前十時の映画祭とは、 映画界を代表する映画人たちが選定した、時を経ても褪せない魅力を持つ名作を、映画業界のネットワークを生かして、全国の東宝系を中心とする映画館で、毎日十時から…

映画『プリズン・サークル』 鑑賞記録

*個人の主観的な感想ですが、鑑賞行動に影響を与える可能性があります。観る・観ない・感じ方を左右されたくない方は、読まずに、またはいつでも途中で退出してくださいませ* 映画『プリズン・サークル』を観てきた。 prison-circle.com サブタイトルは、…

今すぐプラドで実物を観たくなる、映画『プラド美術館 驚異のコレクション』鑑賞記録

*個人の感想ですが、鑑賞行動に影響を与えると思います。公開前ということもあるので、左右されたくない方は、読まずに、またはいつでも途中で退出してくださいませ* 試写状をいただいて観てきました、『プラド美術館 驚異のコレクション』 2020年4月10日…

『夢のユニバーサルシアター』とシネマ・チュプキ・タバタとわたし

映画のあとに観た人同士が対話する「ゆるっと話そう」という場をひらかせていただいている、シネマ・チュプキ・タバタ。 その代表をつとめる平塚千穂子さんのご著書、『夢のユニバーサルシアター』を先月ようやく読み終えました。 少し読んでは胸がいっぱい…

「弱法師」能楽師コメンタリー上映 鑑賞記録

お能のコメンタリー上映という、画期的なイベントに行ってきた。 https://www.sunny-move.jp/sunny/speventinfo/ 能が上演されている映像を流しながら、能楽師の演者が一人、楽器奏者が一人、それぞれの立ち位置から、どこで何が起こっているのかを解説して…

蝶々夫人@METライブビューイング 鑑賞記録

オペラ鑑賞でもいつもお世話になっているライブビューイング。 映画館のスクリーンで、迫真の映像でメトロポリタンオペラ(松竹系)やロイヤルオペラハウス(TOHO系)の舞台が観られてしまうというもの。 過去に観た作品の感想を書いたものはこちら椿姫 魔笛…

ものいう仕口展@LIXILギャラリー銀座 鑑賞記録

京橋に行く用事があり、そういえばLIXILギャラリーで建築部材に関する展示をやってたっけ、と思い出して寄ってみた。 ものいう仕口 www.livingculture.lixil 「仕口」とは、柱と梁のような方向の異なる部材をつなぎあわせる工法とその部分のことで、日本の伝…

10年の美術館とわたしの軌跡〜『画家が見たこども展』@三菱一号館美術館 鑑賞記録

三菱一号館美術館で開催中の『画家が見たこども展』に行ってきました。 mimt.jp 三菱一号館美術館のサポーター鑑賞日を利用しました。 https://mimt.jp/mss/ サポーターというのは、いわゆる年間パスポート。何回鑑賞しても定額なのと、いろいろ特典がありま…

水族館とミュージアム〜沼津港深海水族館 鑑賞記録

競技かるたの静岡大会に出場したついでに、水族館に寄ってきた。遠征はあまりしないポリシーなのだけど、静岡の中でも沼津市は比較的東京に近く、日帰りが可能だったので、行ってみた。 あっという間に初戦で敗退して、午前中には沼津駅に戻ってきたので、見…

書籍『サイト別ネット中傷・炎上対応マニュアル』

近所の公共図書館に行ったら、リサイクル本のコーナーにこれがあったので、貰い受けてきた。 リサイクル本とは図書館の蔵書から外す「除籍」の対象になった本。所蔵になっていた本もあれば、献本されたが所蔵本に加えられなかったものも含まれている。 ほし…

現代現世で起こること〜能「西行桜」「善知鳥」鑑賞記録

喜多能楽堂で観能。 喜多流の能楽堂だけど、きょうの能会は観世流。 http://kita-noh.com/schedule/9109/ 先月末から通っている能楽講座があって、その講座の先生が出演されるので楽しみにしていた。 先生がシテを務めるのは、「善知鳥(うとう)」。 想像して…

国立能楽堂2月公演「蟹山伏」「井筒」鑑賞記録

国立能楽堂2月公演の定例公演に行ってきました。 2月定例公演 蟹山伏・井筒 国立能楽堂の公演は自分でも毎月チェックしているけれども、今回は演者の方とご縁があって行くことになった特にうれしい機会。 ちょうど今、わたしは樋口一葉にまつわる作品を制作…