ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する場づくりを通して考えることなど。

【たびたび更新】今後の予定

f:id:hitotobi:20180605135654j:plain
  

 

 

✴︎2018年7月〜9月

積読本をひらく読書会

dokushokai-2nd.peatix.com

 

 

節目につくる、自分の今とこれからを見つけるコラージュの会《秋分編》

collage-2nd.peatix.com

 

 

また行きたい!と思える場をつくるゼミ

bazukuri-2nd.peatix.com

 

 

ことほぎクッキングレポート / ことほぎ研究室

kotohogicooking.peatix.com

 

 

✴︎ひととびのサービスメニュー

 ★人が集まる場をひらきたい方に個別で伴走する「個人セッション」

 ★読書会、百人一首、映画や展覧会の語る会などの「つくり方講座」

 ★人が集まる場をひらきたい方同士と学びを深める「場づくりゼミ」

 ★場を主催する方、運営する方と共に場をつくる「プロジェクト」

hitotobi.strikingly.com

「読んだ」と「読んでいない」のあいだにあるもの(積読本をひらく読書会)

f:id:hitotobi:20180811221846j:plain

なんだかとっても楽しそうな写真を撮ってもらっています、積読本をひらく読書会。今回もとっても楽しかったです。

 

手元にあるけれど読めていない本を持ち寄って、積読になっている理由を紹介し合う「持ち寄り紹介型」の読書会。

 

今回は、

・すてきな喫茶店での集まりのあとに手にした本
・亡き母の仕事場にあった本
・友人から勧められた興味あるテーマの本
・仕事について考えたくて買った本
・本のリレー式交換の棚から持ってきた本

などなど…8冊が集まりました。

 

本の印象や手元に来た経緯から、読むとは、本とは、人生とはを考える味わい深い時間になりました。

 

特に、どういう状態が「読んだ」と言えるのかが人によって違うという話が個人的には興味深かったです。わたしが持って行った積読本には付箋がたくさん貼ってあって、それは明らかにわたしが貼ったもののはずだったが全く記憶にない。わたし自身が「読んだ」と思っていない。読んだけど読んでない。

 

じゃあどうなると「読んだ」と言えるのかというと、最終的に文章に書けると読んだことになるかも...。つまりこの世に存在するほとんどの本をわたしは「読んで」いないことになる...?!でも「読んでいない、けれども、何が書いてあるかはすごく知っていて人に説明することができる」という本もあるのです。これは一体なんなんだろう?

 

例外的に、読書会で取り扱った本、その本の感想をみんなで交わした本はすごく「読んだ」という実感があり、「読んだ」と言えます。このあたりに、わたしが読書会が好きな理由がありそうです。知って言葉にしたくないような、秘密にしておきたいような気分。

 

f:id:hitotobi:20180811221825j:plain

 

 

本屋さんや古本市などで本を手にとったときにすでに感じていた何かは、時間が経っても薄れない。手にとる度に違う自分として出会いなおすのかもという話も出ました。

 

積読本は「消化」してもいいし、しなくてもいい。気になっている、読みたい、でも読めない、そんな一冊一冊に対する気持ちをみんなで丁寧にひらいて、美しい風景をたくさんみせてもらいました。

 

 

お土産はいつものように「積読本をひらく読書会のレシピ」。これをつかって読書会をひらいていただいてもいいし、見て楽しむだけでもいいし。

積読本を紹介し合う読書会は他にもやっている方はいるし(わたしだけの発明ではない)、わたしが設計したプログラムも人が違えば全く違うものにもなるので、どんどん真似してやってほしいです!

 

f:id:hitotobi:20180619142258j:plain

 

 

ご参加くださった皆さま、ご関心をお寄せくださった皆さま、ありがとうございました。

 

 

次回は9/5(水) 10:00-12:00です。※都合により日程が変更になりました。

dokushokai-2nd.peatix.com

楽しい百人一首の個人授業をはじめました

f:id:hitotobi:20180808183548j:plain

 

先日、

「夏休みの宿題で、百人一首の暗記が出た。休み明けにテストがあり、さらに校内大会もあるが、本人はまったくおもしろさが分からず苦痛の様子。親の自分も百人一首に親しんでこなかったので、導き方もわからず困っている」

と友人がFacebookでつぶやいていたのを見かけました。

 

 

百人一首と聞いては黙ってはいられないわたし。「暗記のコツや百人一首のおもしろさ、教えられるよー!」と手を挙げて、中学1年生にZoomで個人授業をさせてもらうことになりました。

 

彼女の知識や興味に沿って、百人一首の成り立ち、時代背景、和歌集、歌人同士の人間関係、女性の人生、歌の鑑賞、速く取るための「決まり字」などの話をし、参考資料や参考図書を紹介しました。

 

授業が終わってから、

正直暗記することに楽しみは期待してなかったけど、人物関係や背景を物語としてとらえるのはよさそう。暗記をつめこもうと思えばできるけど、1週間もすればきっと忘れてしまう。じっくり知りたい。決まり字を知って校内大会の対策もしたい。

とのご感想をいただきました。興味をもってもらえたのが何よりうれしい!ありがたい!

 

宿題には、気になる一首を選んで、その理由を書き、その歌から想起されるイメージを絵に描くというものもあり、彼女が一番気に入ったと選んだ歌が大弐三位

 

有馬山 猪名の笹原 風吹けば
     いでそよ人を 忘れやはする

 

なんとなくもったいないので選んだ理由はここには書かないですが、すてきでした!わたしにとっても、「有馬山」の歌・札にまた特別なエピソードが付け加えられたのは喜びです。

 

後日、宿題が無事に完成したと聞いてホッとしました。

 

かるたCafe(百人一首を楽しむ大人の部活)の定例会をやっていた頃から、

・子どもが学校で習ってきて一生懸命覚えた百人一首をできるところがないか?

・子どもが学校で大会があるので、どうやったら暗記ができるか、強くなるか、教えてもらえないだろうか(親きょうだいでは相手にならない)

というお問い合わせをよくいただいてました。

 

かるたCafeは、大人がかるたを通じて交流する場ということで、上記のようなニーズにはお応えできていなかったのですが、今年に入り、はじめての競技かるたや、今回のオンライン授業のような形でようやくお応えできるようになったかな、と思い、うれしいです。オンラインは、場所や時間帯のハードルが下がるのがよいのです。

 

10月には杉並区の区民講座も担当させていただく予定です。(こちらは大人向けで9/1に申し込み開始)

 

 

お子さんだけではなく、大人の方で百人一首に興味がある方へも授業いたします。
ちょうどきょうも親子向けの授業が入りました。

時間は90分が目安。

 

 

★授業料等、ご興味ある方は、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

 
・・・

講師について
"競技かるたの聖地"大津市の出身で、子どもの頃から家庭や学校で百人一首に親しんできました。中学校での源平戦の大会を最後に20年以上遠ざかっていましたが、6年前に漫画「ちはやふる」を読んで百人一首を好きだった気持ちを思い出し、友人と「かるたCafe」というコミュニティを立ち上げ約6年活動しました。

競技かるたは2016年から本格的に始め、現在D級。

千年の時を経て、通信、文学、スポーツ、文化、芸術など様々なジャンルにわたって発展してきた百人一首に魅了されています。

Zoomでひらいた場づくり講座

f:id:hitotobi:20180810192532j:plain

 

KLASSで開講中の「場づくりゼミ」は、人が集まる場をつくりたい人や、運営している場をふりかえりたい人が、自分らしい場づくりをレクチャー、ワーク、参加者同士の対話を通じて考え、学び合うゼミ形式の講座です。

 

第2期の第2回となりました。

 

この日は台風が接近していたため、安全を考え、急遽オンライン会議システムのZoomを通じて講座を行いました。リアルの場の良さは失われる一方で、オンラインにしかない良さや、オンラインならではの場づくりを見ていただくよい機会にもなりました。

 

テーマは「設計と進行の抑えどころ」。

 

「また行きたい!と思える」のは、参加者であり主催者でもあります。第一回では、主催者の「何者であるわたしが、なぜ、だれと、何をわかちあいたくて、何をする場をひらくのか」を考えましたが、今度は「参加者にとってどのような場であるとよいか」という視点からとらえていきました。

 

そして具体的に区切られた時間(イベント、講座、ワークショップ、集まりなど)にどのぐらいの時間をかけたどんな順番でどんなことをするか、設計シートに書くワークをして、お互いにフィードバックしました。

 

この設計シートは、思いを具体的な形にする上での場の屋台骨のようなもので、一度描いて実践して建て方を体感すると、どのような場をつくる際にも生かすことができます。今、何をする時間なのか、何のためにするのか、なぜこの順番で、このぐらいの時間をかけるのか、一人ひとりにとってどんな体験になるとよいか、を丁寧に設計すると、そのためにどんな準備が必要になるかがが見えてきます。

 

またこの過程を経ると、自分のやりたいことや伝えたいことと、集う人が期待することや満たしたい思いを視点を切り替えながら近づけていくことができます。

 

 


= ゼミ生の感想 =

私の頭の中で、ぼんやりしたイメージから具体的なところへ、なかなかいけなかったところが、せいこさんや皆さんとお話したり、ご意見をいただいたりする中でだんだんとくっきりしてきた感じです。会のデザインも具体的に書けたのでとてもイメージ出来ました。もう少し書き足していきたいと思います。

 

ビデオ通話での開講となった今回は、とても新鮮なことだらけでした。画面越しでのうなずきなどの反応をお互いに大きくとりながら参加者の話を聞いていたため、より安心して内容にツッコミをいれやすかったです。他の人の作成している資料などリアルタイムでのぞけないもどかしさがありましたが、今回も濃い場づくりのためのアイディアがとまりませんでした。

 

ゼミ生の中島佐知子さんが、すてきなレポートを書いてくださいました。

sachycamera.com

 

ありがとうございました!

 

 


次回は8/11(土)10:00-12:30
テーマは「運営と事前事後の抑えどころ」です。

 

場づくりは関係づくり。安心・安全・健やかな場でよい関係が生まれ、集う人にとってよい機会、よい営みになります。どうすればそんな場になるのか。具体的な実務や技術を通して皆さんで考えていきます。シェアやディスカッションの時間を多めに取ることで、学びの機会が増えます。

 

場づくりゼミは全回参加の人もいるし、合う日程だけ・気になるテーマだけの人もはじめての人もいるので、「できあがっている場」ではありません。逆に毎回違うメンバーでも一貫性を持つ場になるよう、講師のわたしが連続講座として支えています。ですので、今回だけの単発参加は大歓迎です。

 

わたしが場づくりを学んでいて、こういう機会があったらよかったなぁと思うものを形にしたのがこの講座です。それに加えて、関心をもってくださった方の知りたいことやお悩みを場で扱います。これ自体がわたしの場づくり。どこを見てもらっても何かしら持って帰れるよう、意味を込めてつくっています。

 

あなたの場づくりの通過点になれたらうれしいです。

 

bazukuri-2nd.peatix.com

 

 

日程が合わない方!
対面やオンラインで個人セッションも提供しています。どうぞご利用ください。

 

★場づくり個人セッション -人が集まる場をつくりたい方、人を集めてやりたいことがある方に-

あなたらしい場があなた自身の手でつくれるように、企画・設計・運営をカウンセリング&アドバイスします。 立ち上げ〜ふりかえり〜クローズ、場で起こるさまざまなフェーズ、テーマに伴走します。対面またはZoom/Skypeオンライン通話にて。
相談内容や状況や経験に合わせてスケジュールをお見積もり。
初回15分Zoom無料ガイダンス有。
20分 ¥3,340〜110分 ¥16,700(税別)の間で10分刻みで承ります。

 

 

下記のお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

hitotobi.strikingly.com

Adios & Muchas Gracias! -ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオスを観た話

f:id:hitotobi:20180808013414p:plain

 

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス

観てきた。

 

自分の人生と関係ありすぎる作品は、良し悪しの評価がまったくできない。作品そのものについての言葉も出ない。周辺についてしか語れない。

 

帰宅してすぐ、2000年9月に行ったBVSCのコンサートパンフを引っ張り出した。わたしが大学を卒業して東京に来て、職場で出会った友人と彼女のお母さんと3人でコンサートに行った。お母さんは、わたしにすごくよくしてくれて、もらった手紙や本は今も大切にとってある。

 

18年前。就職活動の期間にみんな一斉に会社に入るという慣例が理解できず、自分にとって最適の職に就くタイミングがあるはずだともがき。ようやく決めたと思った道にも挫折していたあの頃のわたしを、事情は深く知らねど、あたたかく見守ってくれた人だった。

 

一度おうちでごはんをご馳走になったことがあり、そのときに、家庭料理とはこんなにも美味しくあたたかく慈愛に満ちたものなんだ!ということに衝撃を受けた。

 

今はもういないそのお母さんのことを思うとき、そしてこの音楽を聞くとき、あの日の明るく笑顔あふれる食卓を思い出す。

 

ちくわぶを生まれて初めて食べたのがこの日。ごはんはぜんぶ美味しかったけど、ちくわぶだけはどうにもだめだった…。

 

その時期に心をいっぱいにして、身体の隅々まで刻んだ音楽があるのは幸せだ。

あの音を、声を聞けば、いつでもあの時間、あの場所へ帰れる。

 

亡くなった人たちにも会える。

 

 

f:id:hitotobi:20180808013457j:plain

 

f:id:hitotobi:20180808013528j:plain

8/8(水)冷凍庫のありがたさが身にしみる!「レモングラニータ」ひらきます!

8/8(水)千駄木のまちの教室KLASSで「ことほぎクッキングレポート」をひらきます。

 

ことほぎクッキングレポートは、ことほぎ研究室がポッドキャスト「ことほぎラジオ」を通じて研究発表してきた中で見えてきた、自分たちの「気になること」へ分け入る方法を講座の形にしてシェアしてみる試みです。

 

千駄木の「まちの教室KLASS」でひらきます。

KLASSは、hagi studioという建築設計事務所が運営しています。hagi studioさんは谷中や千駄木近辺で、カフェ、お惣菜屋さん、ハンバーガー屋さん、宿屋、ギャラリーの運営をしていて、食や暮らしやまちとのつながりを大切に活動されている人たちです。そんな背景のあるKLASSのスペースで、クッキングの講座がひらけるのは、毎回とてもうれしいです。

 

さて、今回のレポートは、「レモングラニータ」。イタリアのシチリア島発祥の氷菓子、シャーベットです。季節のフルーツをたっぷり入れた、濃厚な味わいが特徴です。

 

f:id:hitotobi:20180803094927j:plain

 

 

 

当日は

・まずは試食から!(クッキング教室なのでもちろん食べられます!)

・だいたいのフルーツで「なんとかグラニータ」にできるので、好きなフルーツを持ち寄ってもらって作ります。

・歴史、地理、糖度、凍る仕組み、ジップロックなど、研究室相方のけいさんの楽しい調べ学習の発表をしてもらったり、みんなでそれについて質問したりおしゃべりしたりします。

の流れを考えています。

 

ラニータって普段あまり馴染みがないかもしれないですが、いっぺん作り方を覚えるとものっすごく重宝します。夏はもちろん、一年中楽しい気分になります。

 

冷凍庫で保存できるのがよくて、わたしは2週間入れっぱなしてるけどいつも美味しいです。特に今ぐらいの暑い日に汗だくで帰ってきて、冷凍庫を開けて冷たいレモングラニータが入ってるととっても幸せです。

 

うちは今レモンとパイナップルと桃が入ってます。
イカ幸水梨が旬ですねぇ。
フルーツ以外にもアーモンドミルク、ハーブ、コーヒーでもできるんだって!

 

おまけに、7月にひらいた「ゆっくりパン」や、9月にひらく「コーヒーゼリー」の試食あります。

 

レモングラニータが気になる方、KLASSの空間が気になる方、お申し込みお待ちしておりまーす!

 

 

詳しいこと・お申し込みはこちら ↓ 

kotohogicooking.peatix.com

 

 

週刊ことほぎラジオで「ことほぎクッキングレポート」について話した回です。

doremium.seesaa.net

 

doremium.seesaa.net

みんながやっていたから

f:id:hitotobi:20180722134556j:image

 

昨夜、旧優生保護法についてのEテレの番組を見た。

 

まず思ったのは、この法律が「生き生きと」していた時代に育てられてきた人たちによって、自分が育てられたのだということ。

 

その時代に正しいとされてきたこと、常識を浴び続けて。

 

「人権意識を持つ」や「どんなあなたでも価値のある存在」という言葉は、その時代を生きていた人たちに今、届いているんだろうか。届いているとしたらどのように。

 

後々、知識や経験を通して獲得されたものもたくさんあるだろうけれど、育ちの中に人権が欠落した見聞と体験のほうが多ければ、人権を根源的にわかるのはとても難しいのではないだろうか。認知と変容に努力が要るのではないだろうか。そんなふうに思わざるを得ないようなニュースを日々、目にする。(いやもちろんそれとて編集されたものであるが……)

 

なんて罪深いことをしたのかと思うけれど、番組の中でも出てきたように、したほうの人間は悪気はなく真剣に、「みんながやっていたから」、「そのときはそれが正しい、よいことだと思っていた」のだ。

 

これははじめて聞く言葉ではない。いつもこうだ。命にかかわることほど思考が停止するし、善や正義のようなものと結びつきやすい。そして集団の力を得て暴力になる。

 

わたしの祖父母、曾祖父母世代からの戦争がまだ終わらない。こどもたちは戦争で大爆発を起こした暴力の後始末をずっとずっとさせられているように思えてならない。

 

火種はいつも人と人、そして場にある。日常の、自分のこの身体の、信じられないくらい近くに、ほかでもない自分の事としてある。要素がそろえば力の勾配が起こり、より弱い立場の人間(生き物もか…)が犠牲になる。

 

わたしは学び続け、自分の頭で考え、対話して意思決定することのほかに、テクノロジーを暴力の抑止に使いたいと思っている。暴力が存在することを認めながらも、行為化することを防げたら。

 

番組の内容は辛いものだったけれど、ここに書けなかったことも含め、「ああ、そこだったのか、それゆえにか…」と自分の中でつながることが多々あり、知れてよかったと思う。

 

番組サイト:クローズアップ現代
“私は不妊手術を強いられた” ~追跡・旧優生保護法

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4122/