ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する場づくりを通して考えることなど。

片付け祭りレポート④

きょう自転車を整備点検してもらい、4年ぶりに乗れるようになり、ついに片付け祭りが終わりました。

 

カタ(片)が付いた。

 

片付けただけでなく、掃除もできました。

 

家の中の空気がすこぶる良い。

もともとすごく気に入って住みはじめた家だけど、今新たなポテンシャルを感じている。この家がほんとうに大好き。

 

家の中にある物のこと、この家のことに隅々まで目配りができているという実感をしみじみと味わっています。

 

モヤっている場所も、モヤっている物も今ここにはない。

 

 

状況はいつでも日常の中で調整していくものであり、わたしには状況を変えていく力がある。それによってよい状態に自分を調律することができる。

 

自転車の子乗せ部分を取ってもらいました。

もう息子を後ろに乗せることもない。

荷車として利用しようかとも考えたけど、それよりもわたしは身軽になりたい。息子に相棒の自転車がいるように、わたしもまた相棒と純粋に走ることを楽しみたい、取り戻したいと思いました。二人で自転車でお出かけもしたい。

 

自転車を見てもらっている2時間のあいだ、お気に入りのカフェでお気に入りのパンケーキをいただき、わたしはpc作業して、息子は横でiPadで遊んで、パンケーキをシェアして、ときどきおしゃべりして。

 

そんなひとときも宝物。

 

片付けに取り組み、実行してきたこの1ヵ月の自分の内外の変化はものすごかったです。そこに至るまでの何年、何十年の月日と、きっかけになった出来事と物と、かかわった人たちのことを思うと、なんだかもう言葉にならない…。

 

すべてにありがとうございます。

 

それを経てちょっと変化したわたしを、来週はプロの写真家の方に撮り納めてもらいます。楽しみ。

 

f:id:hitotobi:20181027144418j:plain

 

f:id:hitotobi:20181027144430j:plain

f:id:hitotobi:20181027144440j:plain