ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

6/28(金)「沈没家族」でゆるっと話そう@シネマ・チュプキ・タバタ

この4月、5月は映画「沈没家族 劇場版」で対話イベントのファシリテーターのお仕事をやらせていただきました。

第1回レポート 

【レポート】やっぱりみんな語らずにはいられない!"沈没家族"のそのあとで - ひととび〜人と美の表現活動研究室


第2回レポート

【レポート】ひらきたいだけひらこう!第2回参加型対話イベント『語らずにはいられない!沈没家族と"わたしの家族"』 - ひととび〜人と美の表現活動研究室

 

 

そしてなんと今回、東京・田端のシネマ・チュプキ・タバタでもやらせていただけることになりました!!!!うれしい!!!

 

 

 CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)

 

『沈没家族』でゆるっと話そう

 

chupki.jpn.org

 

■ 6月28日(金)19:00-19:45(17:20の回終了後)


映画を観終わって、 だれかと無性に感想を話したくなっちゃったこと、ありませんか?
『沈没家族』上映終了後に、休憩を挟んで45分間、 観た人同士で感想を話す時間をつくりました。
鑑賞対話ファシリテーターが進行しますので、 どなたでもお気軽にご参加いただけます。(参加無料、予約不要)

 

▼作品詳細・席のご予約
https://coubic.com/chupki/565392

わずか20席の小さい映画館ですので、席のご予約をオススメします!

 

 

f:id:hitotobi:20190618205639j:plain



 



 

 

シネマ・チュプキ・タバタは、目の不自由な人も、耳の不自由な人も、車椅子の方も、親子連れも、どんな人も一緒に映画を楽しめる、日本一小さくて、日本一やさしいユニバーサルシアターを目指し、2016年9月にオープンした映画館。

新作旧作取り混ぜて、選りすぐりの映画がかかっています。


こちらの記事でも書きましたが、わたしは今回のイベントをきっかけにはじめて訪問し、はじめて映画を観てきました。(しかも字幕付き、音声ガイド付きで!)

チュプキの平塚さん、和田さんとお客さんたちのやり取りを観ていて、なんだかすごく「まちのお店みたいな映画館だな〜」と思いました。近くて、あたたかくて、でもほどよい距離感があって、新鮮で美味しい映画が売っていて、フラッと寄って、映画を味わって、その感想をお店の人に伝えられる。

なんて素敵な営みでしょうか。

 

「沈没家族」は1回目、2回目は、2時間かけて、大人数で、かなりガツっと、「家族を語ろう!」という感じだったのですが、 今回の対話のイベントは、わたしがより目指している、「日常にある鑑賞対話の場」を広げるべく、また映画館の営みに寄り添うような場として、ひらけたらと思っています。

 

チュプキの雰囲気に合わせて、映画を観たあとに、席でそのままちょこっと感想を交わす、いつもの映画鑑賞にプラスしてちょっと楽しいおまけ、みたいな感じ。

45分間だけれど、時間をかけなくても、「話した!」という満足感を味わっていただけるよう、ガイドしてゆきます。

 

ぜひ、6月28日(金)、足をお運びいただけたら!!

2回目以降の方は、ぜひ音声ガイドをお試しください。ちょっとおもしろい体験です。

お待ちしております!