ヒトトビ〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する場づくりを通して考えることなど。

暮らすまちで場をひらく

f:id:hitotobi:20160705011159j:image

先週末に開催した、「子どものきもち原画展とわたしのきまち対話会」

 

今回やってよかったことのひとつは、自分の住んでるまちでひらけたこと。
 
それはやっぱりうれしいし、そこに近所の友だちが来てくれて、ほかのまちに暮らす友だちが来てくれて、互いに交流があって、そこで一時的に活動があって、またそれぞれに帰っていくことが、わたしにとっては意味深いんだなと実感しました。
 
このまちとのかかわりやつながりが、わたしなりの方法でできているという、なんか誇りみたいなものがありました。
 
普段から大切に思って参加しているし、相互性は感じているけど、どちらかというと受け手とか参加者としてが多いので、主催をすることで何かお返しできているといいなという感じです。
 
わたしのはたらきが、よい流れや循環に貢献できている、その実感がもてるとき、幸せだとおもいます。