ヒトトビ〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する場づくりを通して考えることなど。

火鉢を囲んで昔話

f:id:hitotobi:20171116094650j:plain

 

先日、調布はつつじヶ丘にあるもえぎ家さんへうかがい、友人のeicoさんがひらいている「おとなの絵本クラブ」に参加してきました。


もえぎ家は4人の作り手によって運営されている古民家。書く人、描く人、料る人、温(ぬく)める人が、古くから受け継がれているものの中にある智恵を見直して、今の暮らしに心地よく取り入れる、営む場を守っています。そんなもえぎ家の場の良さを生かすべく、今回の大人の絵本クラブは、「昔話と火鉢deランチの会」と題して、昔話を読み合って、語り合ってみようということになったそうです。


eicoさんとは6年前からのお付き合いなのですが、2年ほど前に「絵本のブッククラブの立ち上げたい」というご相談をいただいて、また今回も昔話の本を取り上げるにあたってもご相談いただいて、僭越ながらアドバイスめいたことをさせてもらってきたので、どんな場なんだろうとわくわくしながら行ってみたら、想像をはるかに超えた心地よい空間がわたしを待っていました。

eicoさんの好きと好きじゃない、したいとしたくないのハッキリしたところが好きなんだけど、それを人に押し付けるでもなく、完璧主義に陥るでもない、絶妙な加減が心地よかった。

 

f:id:hitotobi:20171116095146j:plain


この日は「日本の昔話5 ねずみのもちつきという超短編の昔話がたくさん入った本から、「ねずみのもちつき」「さんまいのおふだ」「サトリ」の三篇を取り上げ、一人ずつ朗読して、読んでみた感想、聴いてみた感想を自由に話しました。

わたしは絵本の読み聞かせを家でも小学校でも、ときどき大人にもやっているのだけど、絵のないお話を朗読したり、人に朗読してもらったりというのは久しぶりで、自分の中に浮かんでくるビジュアルイメージの瑞々しさに驚きました。短いもので3ページ。長いものでも10ページ程度のお話は、寝る前にこどもに読んでやるととてもよさそうです。

昔話は描写が細かくないにもかかわらず、その場面が浮かんでしまう不思議があります。つじつまの合わなさも多分に含みながら、しかしそれゆえに安心して入り込める力があります。しかも「むかしむかし」ではじまり「とっぴんぱらりのぷぅ」などの始末によって、入り込んでも「これは物語なんだよ。だから安心して聞けるよ」と教えてくれている。

福音館書店の編集者・田中秀治さんがゲストでいらしていて、専門家ならではの視点をいただけてよかったです。地域による違いや、心理学からのアプローチ、小沢俊夫さんや河合秀雄さんなどの関連本も紹介してくださり、どれも興味深かったです。「かがくのとも」「こどものとも」の創刊に携わられた方で、このシリーズ大好きなので、愛が伝えられたのもうれしかったです。

読み解いていく中で、理屈では説明のつかない現象や、処理しきれない感情を、現実と並行して走っている昔話の世界(パラレルワールド)に託すことで昇華させてきたのではないか、という話題も出て、ここでもまた物語やファンタジーの存在について考えました。

 

 

ちょうど最近にじいろたまごさんと、「朗読からわいたイメージを絵に描いてみる会をやりたいね」と話していたので、とても参考になり、タイムリーでした。


絵本クラブのあとは、みんなでわいわいきりたんぽ鍋。火鉢であぶったきりたんぽ、白子ポン酢、ぶりかま。料る人(HARAMIRAIさん)や場を整える人たちの一つ一つのお仕事が丁寧で、すごくおいしかった。幸せな初冬の一日でした。

 

f:id:hitotobi:20171116101812j:plain

f:id:hitotobi:20171116101840j:plain

 

 

以前の運営メンバー・描く人megumi aratameさん。ウェブサイトに並ぶお仕事の数々もため息が出る。

f:id:hitotobi:20171116100033j:plain

 

 

爪という小さな宇宙に描く人・たまリバネイルさん。この日ご本人がされていたネイルもキュートだった。古民家でネイルっていい。

tamarivernail.amebaownd.com

 

 

温める人、かな子さんのタイマッサージ。女性にうれしいユーファイの施術も受けられる。

yurunoba.com

 

eicoさん、もえぎ家の皆さん、ありがとうございました。

 

 

f:id:hitotobi:20171116101729j:plain