ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

お気に入りの図録を見せびらかしあう会

友だちが素敵な思いつきをしてくれて、「お気に入りの図録を見せびらかしあう会」に参加してきた。

集まったのは界隈の、つくる・描く・デザイン・設計する人たち。

みんなの行きつけの近所のカフェで、とにかく愛を語りまくって、きゃっきゃしようね、という趣旨。

「見せびらかす」というところがいいよね。「紹介」などと澄ましていられない。見てみて〜、いいやろ〜と言いたい。そういう力が図録にはある。

 

時間の関係もあるけど、単純に重いから「5冊まで」という縛りにして。

この5冊を選ぶのものなかなか楽しかった。図録という物、そのものがもう素敵で、見せびらかしたい気持ちになるか、というところと、なんとなくカブらないようにしたい(カブったらカブったでおもしろいけど)、、などいろいろ悩み、最後はキメで。

 

 

その展覧会との出会い、その作家やアーティストとの出会い、そこでの体験、そしてそれらが人生をどのようにあたためてきたか。

よく知っているようで、図録という方向から見てみると、その人への光の当たり方がまた変わって、しみじみと、まずそれがよかったなぁ。

 

自分の愛も語れて、あまり人に語ったことのない、ジョゼフ・コーネル愛もしょっぱなからもりもり語れてうれしかった。

メンバーの一人が言ってくれてそうだなと思ったのが、箱だとガラスケースに入っていることが多くて、いろんな方向から見えるのだけれど、反射もするし、「遠い」。

図録だとよく見える。

 

その、図録の何がいいかとか、図録らしさって何か、の話もよかったな。

 

画集や写真集と違って、図録は本物を見ていることがほとんどなので(見ていなくても買っちゃうときあるけど)、時間と体験がつまっているのがいい。

 

わたしは、パウル・クレーのイメージがカラフルで形がおもしろい感じの人?「こども向け」の世界でよく見かけていた人、というすごく雑なイメージしか持っていなかったのだけれど、バウハウスのメンバーだったとか、クレーの他の作品も見せてもらって、がぜん、「(カラフルで形が云々ではない)こっち路線」の企画展が見たいなぁと思った。

そのへんから、じゃあその企画展やるならどこの館でやりますかね?など、妄想するのが楽しかった。妄想キュレーション。

 

愛あふれすぎちゃって、2周するだけでやっとだったけど、もうおなかいっぱい。

うちの図録たちに風を通して、いろんな人に愛でてもらって、よかった。

 

 

気になる方は、ぜひぜひご自分の周りでもやってみてくださいね。

楽しいこと間違いなしよ。

 


f:id:hitotobi:20181218212342j:image


f:id:hitotobi:20181218212429j:image

 


f:id:hitotobi:20181218212917j:image


f:id:hitotobi:20181218212527j:image

 

 

▼1992年のジョゼフ・コーネル展は、展覧会も図録もわたしの心のベストテン第一位。
f:id:hitotobi:20181218212549j:image