ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

〈お知らせ〉9/25(金) オンラインでゆるっと話そう『なぜ君は総理大臣になれないのか』

今月のシネマ・チュプキ・タバタさんとの〈ゆるっと話そう〉第15回は、
『なぜ君は総理大臣になれないのか』です。

http://www.nazekimi.com/

 

9月25日(金)18:00〜19:15 オンラインZOOMにて。
お申し込み、お待ちしております。

https://coubic.com/chupki/934045

 

f:id:hitotobi:20200907121754p:plain

 

・・・・

「ただ社会を良くしたい」、愚直に訴え続ける政治家・小川淳也氏の17年間をとらえたドキュメンタリー映画。特に若い人たちが、続々と映画館へつめかけているそうです。一人の政治家への関心をきっかけに、政治の話がしやすくなった、政治について知りたくなったという声もSNSで聞かれ、日本の未来に光を感じます。

しかも、小川氏は現役の国会議員。刻々と変化し続ける「その後」を追い続けることができるのも、観た人たちと追えるのも、この映画の面白い点でしょう。

日本の政党政治の変遷、政党組織、選挙制度、選挙活動、地方の実情、政治家の家族、政治家の資質、リーダーシップ......。みなさんは何に注目しながら見ていましたか。この映画を通して何を考えましたか。
政局が目まぐるしい今だからこそ、わたしたち観客に投げかけられている問い「なぜ君は総理大臣になれないのか」についても、みなさんと話してみたいです。

ご参加お待ちしています。

※映画の感想を語る場です。特定の政党への勧誘や政治信条を押し付ける言動はご遠慮ください。ご協力をお願いします。

 

・・・・

 

6月に観たときのわたしの感想。初見の衝撃から3ヶ月。

hitotobi.hatenadiary.jp

 

政治の話と思うと、詳しくないし話せることなんてない、と身構えてしまうかもしれない。でも、これは小川さんの話で、見所いっぱいの「映画」なので、きっとわいわいと盛り上がれるんじゃないかなと思います。

わたしも映画の周辺のことを予習していきます。楽しみ。

 

ちなみに、ゆるっと話そうはこんな場です。はじめての方のご参考になれば。

hitotobi.hatenadiary.jp

 

 

 

鑑賞対話イベントをひらいて、作品、施設、コミュニティのファンや仲間をふやしませんか?ファシリテーターのお仕事依頼,場づくり相談を承っております。

seikofunanokawa.com