ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

書籍『思春期をめぐる冒険 -心理療法と村上春樹の世界』

人生の謎がするすると解けていった衝撃の一冊。

 

因果関係で成り立つこの世界と、同時並行で進んでいる目に見えないもうひとつの世界との係わりを、村上春樹の作品を引き合いにしながら丁寧に言語化している。

村上春樹の解説本ではなく、あくまで思春期を読みとくための村上作品。

 

これが万人の正解ではないけれど、少なくともこの解釈はわたしにとってとてもしっくりきた。

紹介してくれた友人らに感謝したい。

 

▼わたしが読んだのはこちら。

 

 

▼2016年の増補版「定評あるロングセラーに、近年の村上作品を取り上げた論考を新たに加えた増補版」とのこと。こちらも読みたい。 

 

友人がひらいていた読書会。

 告知 https://ameblo.jp/lychee-tangerine/entry-12239559493.html

 感想 https://ameblo.jp/lychee-tangerine/entry-12260770229.html

この読書会出たのか出てないのか記憶が曖昧だけれど、彼女とこの本の話をしたのはくっきりと覚えている。

 

自分の思春期が癒えたり、子の思春期への怯えがなくなった。
他者との対話から気づくことができる。場(関係と機会)の力。