ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

物語の庭 深井隆展@板橋区立美術館 鑑賞記録

板橋区立美術館で開催中の深井隆展に行ってきた。

https://www.city.itabashi.tokyo.jp/artmuseum/4000016/4000017/4000024.html



f:id:hitotobi:20200329141149j:image

 

感染症流行の時期に、それでもどうしても美術館に行きたくて、練馬区立美術館の津田青楓展に続いて訪れたところ。



深井隆は、藝大の退官記念展で知った作家。

こちらの記事で少し触れた。

hitotobi.hatenadiary.jp


作品は木彫と絵画。

 

MAX RICHTERのSLEEPを聴きながら観た。ぴったりだ。

会場に音楽が流れていなくても、こうやって好きな音楽を聴きながら作品を観たらよいのだ。以前教わったことをやってみている。

 

静かな空間の中でじっとしていると、さまざまな感情があふれては、やがて静まっていく。

懐かしい深い淵へまた還ってくる、をくりかえした。

 

作品といろいろな距離をとって、場所を少し変えて立ってみると、その度に違う感じがする。

座ってみるのもいい。

馬の隣にしゃがんでしばらくスケッチをしていた。

生き物が象られているというだけで、なんだかホッとする。

木なのもいい。

木が育ってきた時間、製材の時間、彫る時間、作品になってからの時間。

そして呼吸してまだそこに生き続けている。

 


f:id:hitotobi:20200330125024j:image


深井の作品は空間を一瞬で鎮静させてしまう。

祈りや詩や永遠の世界。

たぶん一度作品に出会うと、多くの人が忘れられない体験をすると思う。

そして記憶に残ったあとは、思い出したときはいつでも同じ場所に戻れるように作ってある。

 

日曜日だったけれど、館内にはほとんど人がいなかった。

せっかくの展示があまり人の目に触れないのは、ほんとうに悲しいことだ。

この時期に観たということも含めて、忘れられない鑑賞となった。

 

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

_______________________

鑑賞対話ファシリテーター、場づくりコンサルタント、感想パフォーマー

seikofunanokawa.com