ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

〈お知らせ〉2/7(日)教育の当たり前を問い直そう!映画”Most Likely To Succeed” を語る会

2021年は「これ」をやっていこうとふと降りてきた。
教育。
わたしの人生において避けられないテーマ。
 
2018年12月から2年かかって本をつくったことで、方向が明確になってきました。
 
スタートがこちらの場です。  

mltstalksession.peatix.com

 

---

アメリカのドキュメンタリー映画Most Likely to Succeed” (以下MLTSと略)を観た人と、教育を変えていくために動きたい人たち同士で感想を語る場です。これからの日本の教育について立ち止まって考えたり、具体的なアクションの中身について話せる仲間に出会えることを目指しています。

午前中:映画の同時再生、午後:トークセッションの二部に分かれています。
同時再生から参加してもよいですし、映画は事前に観ておいて、当日トーク時間に合流しても、どちらでもOKです。

---

 
映画を語る会なので、何を感じてもOKなのですが、場の目的自体はかなり明確です。
イベントタイトルもかなり思いきったものをつけました。
この日は、「難しいですよね、はNG」という気構えでおります。
開催背景など、みっちり書きましたので、ご興味ある方はぜひ読んでいただきたいです。

 
f:id:hitotobi:20210201172407j:image

 

開催まで1週間となり、こちらのコメントも加えました。

こんにちは。主催の一人、舟之川と申します。

多くの方から関心をお寄せいただいております。ありがとうございます。
Peatixでの申し込み時に「この場への期待」をうかがっているのですが、一人ひとりが熱いメッセージを伝えてくださり、やはり企画してよかった!と奮起しているところです。
 
・教員として、保護者として、教育事業に関わる者として思うことがある。
・日本の教育制度、環境、手法の問題点をこのドキュメンタリー映画を通して探ってみたい。
・俯瞰したり、様々な角度からふれたり、具象を見つめたり。
・自分の立場からどのように変えられるか。
・手がかりがほしい。対話する中で見出したい。
 
そんな声をいただいています。
25歳以下の方は割引料金を設定しております。いろんな世代の方と語り合えることも期待しています。
 
詳細・申込はこちらから
 
もう少し雑談をします。

わたしが今、当日までの準備としてやっていることは、まずは"Most Likely To Succeed"や『脱学校の社会』をおさらいすること。

その他に、100分de名著『資本論』を観たりテキストを読んだり、ブルシット・ジョブについての言論にふれたり、ベーシック・インカムについての本を読んだり、日本型雇用についての動画を観たり、サッチャー政権下の教育改革についての論文を読んだり、ブレイディみかこさんの本を読んだり......などしています。

一見関連がないようなことも含め、今のわたしの関心下にあるものは、なるべく持って行ってみようと思います。教育のことを教育のことだけでは完結はできない。おそらく労働について、社会保障について、政治について語ることにもつながるでしょう。

わたしは学校教員の経験はありませんが、作品を鑑賞して感想を語りあう場は、知や学びをシェアする場であり、教育の本質に近いと感じています。ファリシテーターという職能についても同様です。自分の役割を問い直す場にもなりそうだと感じています。
 
舟之川についてお知りになりたい方は、以下のページをお訪ねください。(告知文に載せたものと同じです)
著書『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』https://amzn.to/2MDJWpx
MLTS鑑賞直後の感想
最近の問題意識
参加される方お一人お一人のバックグラウンドから、この映画がどう見えるのか、感想を聴かせていただくのを楽しみにしています。
ご参加お待ちしております。
また、周りの方へのご紹介も大歓迎です。
よろしくお願いいたします。

 



 

 

_________________________________🖋

鑑賞対話イベントをひらいて、作品、施設、コミュニティのファンや仲間をふやしませんか?ファシリテーターのお仕事依頼,場づくり相談を承っております。

2020年12月 著書(共著)を出版しました。

『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』