ひととび〜人と美の表現活動研究室

他者の表現にふれることから、自分の中にある美の感覚にもふれてみる、自分の美を表現してみる。みんなで探究する鑑賞の場づくりを通して考えることなど。

『すみだ向島EXPO』鑑賞記録

2020年10月。

友達に「おもしろかったよ!」と教えてもらった、すみだ向島EXPOに行ってきた。

sumidaexpo.com

 


f:id:hitotobi:20201109174321j:image

 

墨田区の京島(きょうじま)、文花(ぶんか)エリアを中心に巡ってきた。

 

奇跡的に空襲を生き残った多くの長屋、平屋。暮らしてきた、使ってきた人々の気配。家と外が近くて、人と近い。

東京の他の下町に似たところもあり、違うところもあり。

まちと人をつなぐアート。

真ん中にアートをすえることで、さらにエネルギーを持つ土地。

人の行き交いにより、次から次へと生まれる場。

人口過密な東京のまち。

ごちゃごちゃして息苦しくて片付かなくて。

わたしはここで生まれ育ったわけではないのに、なぜか落ち着く。

狭い中にもいろんな表情があり、営みがあり、気質があり、文化がある。

広い空間や自然を求める気持ちもありつつ、わたしはやっぱり"ここ"が嫌いにはなれないのだよなぁ。

 

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com